就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

サイトマップ

  1. おすすめ資格ガイド >

サイトマップ

サイトマップページです。記事検索にご活用ください。

おすすめの資格

ネットショップ検定とは?

「ネットショップ検定」とは? ネットショップ検定とは、ネットショップ(通販サイトなど)での実務能力を問う検定です。ネットショップを企画、運営するネットショップ店員のための検定です。 検定に合格すると、 ...

「ビジネス実務法務検定」とは?

20代のうちに取得しておきたい資格の1つに「ビジネス実務法務検定」があります。この記事では、ビジネス実務法務検定とはどんな資格なのか?取得のメリットは?などご紹介します。 「ビジネス実務法務検定」とは ...

簿記検定
「簿記」とは?取得のメリット

20代のうちに取得しておきたい資格の1つに、「簿記」が挙げられます。この記事では、簿記とは何か?どんなメリットがあるのか?について解説します。 「簿記」とは? 簿記は、お金の収支を計算する技能です。会 ...

手芸の資格が取得できるおすすめ通信講座5選

手芸教室の先生として活躍したい方や、ハンドメイド作家として成功するためには、正しい技術を身に付けることが必要不可欠。 手芸のスキルは何度も同じ工程を繰り返して経験することで磨かれますが、資格取得を目指 ...

調理師
料理の仕事に就職したい人におすすめの資格4選

料理の仕事に就職したい人に向けて、就職先で必ず役に立つ実践的な資格をご紹介します。将来、料理の道のプロとして活躍したい方はぜひチェックしてください。 フードコーディネーター フードコーディネーターとは ...

妊婦におすすめの資格
在宅受験OK!妊娠中に取得できて産後役立つ資格3選

「妊娠中に特にやることがない。でも、何かためになることをしたい!」と考えている妊婦さんのために、以下の3つの条件を満たした資格を厳選しました。 在宅受験できる 妊娠中に合格できる 産後に役立つ 妊娠3 ...

プライベートと仕事で役立つ!専業主婦におすすめの資格はこの4つ

プライベートでも私生活でも役に立つ、専業主婦におすすめの資格を4つピックアップ!「何かためになる資格を」と考えている専業主婦の方は、ぜひ参考にしてください。 専業主婦におすすめの資格 食育アドバイザー ...

キャリアアップにおすすめの資格
キャリアアップにおすすめの国家資格3選

キャリアアップを考えている30~40代男性におすすめの国家資格を3つ厳選紹介いたします。 中小企業診断士 中小企業診断士とは、経営コンサルタントに関わる唯一の国家資格。企業の経営状態を総合的に判断して ...

就転職におすすめの資格
就職や転職のときにアピールできるおすすめ資格3選

就職を控えている大学生や、転職を考えている社会人に向けて、就転職に役立つおすすめの資格を3つに絞ってご紹介します。就転職の際に、何か有利になる資格を取得したい!と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

食や料理が趣味の主婦におすすめの役立つ資格5選

日本人にとって、食は関心の高い分野。料理に興味がある主婦であれば、「何か資格を取得したい!」と考えるのではないでしょうか? そこでこの記事では、食や料理に興味がある主婦の方向けに、取得すると役に立つお ...

自宅で開業できる資格
自宅で手軽に開業したい主婦におすすめの資格3選

子育てが落ち着いてくると、家事に専念するよりも「自宅で開業したい!」と考える主婦の方も多いのではないでしょうか? しかし、自宅で開業するとなると、「費用が高そう」「何のスキルもない」などの不安があるで ...

福祉や介護でおすすめの資格
福祉や介護の仕事で役立つおすすめの資格とは?

「これから福祉業界を目指す人」や「キャリアアップをしたい人」に向けて、福祉や介護に関するおすすめの資格をご紹介します。

取りやすい資格
取りやすい資格って何がある?勉強嫌いにおすすめはこの9つ

仕事やプライベートで役立つ資格がすぐに欲しい人は、「何か取りやすい資格はないかな?」と考えるでしょう。 合格が簡単で、すぐに取得ができる資格はいくつかありますが、「取りやすい」といっても考え方は人それ ...

アパレル業界で有利な資格
アパレル業界への就転職や働いてる人におすすめの資格8選

アパレル業界への就転職を考えている人や、今アパレル業界で働いてるショップ店員におすすめの資格を8つご紹介します。ファッションが好きで、どんな資格が役に立つのか?興味がある方のご参考になります。

【厳選】私生活に役立つ実用的なおすすめ資格5選

私生活でも役に立ち、さらに就職のときにも有利になる実用的な資格を5つ厳選紹介します。「資格を取得したいけど、どんな資格が私生活に役立つか分からない」と迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターの勉強法
インテリアコーディネーター資格試験の勉強法

インテリアコーディネーター(IC)の資格試験の勉強として、「独学」「通信講座」「学校」の3つが挙げられます。この記事では、それぞれの勉強法のメリット・デメリットをご紹介します。インテリアコーディネーターの試験勉強で悩んでいる方はご参考にしてください。

インテリアコーディネーターになるには資格は必要?求められるスキルは?
インテリアコーディネーターになるには資格は必要?求められるスキルは?

インテリアコーディネーター(IC)の仕事をするには、インテリアコーディネーターの資格が絶対に必要か?ICとして働くには、どんなスキルが求められるのか?についてご紹介します。

インテリアコーディネーター資格試験のテキストの選び方
インテリアコーディネーター資格試験のテキストの選び方

インテリアコーディネーターの資格試験に独学で受験する人に向けて、失敗しないテキスト選びのコツをご紹介します。 テキスト選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてください。 インテリアコーディネーターのテキス ...

インテリアコーディネーターの難易度
インテリアコーディネーターの資格試験は難しい?難易度と合格率

インテリアコーディネーターの資格試験はどれくらい難しいのか?実際に2015年度の試験を受験して感じた難易度についてご紹介します。

インテリアコーディネーターの就職先
インテリアコーディネーター資格取得後の就職先は?

インテリアコーディネーターの資格を取得すると、どんな就職先が考えられるのか?主な就職先の例をご紹介します。インテリアコーディネーターの資格を持っている人や、インテリアに興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

インテリアコーディネーターのテキスト
インテリアコーディネーター資格試験対策におすすめのテキスト4選

インテリアコーディネーターの資格に合格するためのテキストの選び方から、おすすめのテキストをご紹介します。

インテリアコーディネーターの独学のポイント
インテリアコーディネーターの資格試験に独学で受かるには?

インテリアコーディネーター試験を独学で受験する人に向けて、合格するための勉強時間の目安をご紹介します。

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターの独学の勉強法
カラーコーディネーターに独学で合格するための勉強のポイント3つ

東京商工会議所の「カラーコーディネーター検定」に独学で合格するための勉強のポイントを3つご紹介します。カラーコーディネーターの勉強中の方や、独学の勉強法で悩んでいる方はご参考にしてください。

カラーコーディネーターのテキスト選びのポイント

東京商工会議所の「カラーコーディネーター検定」の勉強に欠かせないテキスト選びのポイントをご紹介します。独学で勉強する方はぜひ参考にしてください。

色彩検定とカラーコーディネーターの違い
「色彩検定」と「カラーコーディネーター」の違いは?取るならどっち?

「色彩検定」と「カラーコーディネーター」はまったく別の検定ですが、何がどう違うのか?どっちを取得するのが良いのか?解説します。

「カラーコーディネーター」と名乗るために資格は必要?
「カラーコーディネーター」と名乗るために資格は必要?

「カラーコーディネーター」と名乗ったり、名刺に記載する際には、色彩検定やカラーコーディネーター検定に合格している必要があるのか?検定に合格していなくても肩書を名乗れるのか?解説します。

カラーコーディネーターの難易度
カラーコーディネーターの難易度と勉強時間の目安

カラーコーディネーター2級・3級の試験の難易度と、合格するための勉強時間について解説します。

カラーコーディネーターの仕事
カラーコーディネーター検定の取得が役立つ就職先は?

カラーコーディネーターの資格が活かせる就職先の例と、仕事内容をご紹介します。

カラーコーディネーターのテキスト
コレで合格!カラーコーディネーターのおすすめテキスト

カラーコーディネーター検定3級と2級を受験する人に向けて、おすすめのテキストをご紹介します。独学でカラーコーディネーター検定を勉強する人は、ぜひ参考にしてください。

カラーコーディネーターの独学のポイント
未経験者がカラーコーディネーターを独学で合格する方法

カラーコーディネーター3級と2級の検定試験に独学で挑戦する人のために、合格率や勉強時間、勉強のコツなどをご紹介します。カラーコーディネーター検定試験の未経験者はぜひ参考にしてください。

ペット

災害救助犬訓練士になるにはどんな資格が必要?
災害救助犬訓練士になるにはどんな資格が必要?

大きな地震や水難事故、土砂災害、雪崩などの災害が起きたときに活躍する救助犬。その災害救助犬を育てるのが「災害救助犬訓練士」です。では、災害救助犬訓練士になるにはどんな資格が必要なのか?解説します。

ペットホテルスタッフになるには資格は必要?
ペットホテルスタッフになるには資格は必要?

イヌやネコなどのペットを、飼い主の不在時に預かるペットホテル。ペットホテルスタッフになるには資格が必要なのか?解説します。

資格がなくてもペットショップ店員になれる?
資格がなくてもペットショップ店員になれる?

ペットショップ店員(販売員)になるには、資格が必要なのか?資格がなくてもなれるのか?について解説します。ペットショップ店員として求められるスキルや、役立つ資格もご紹介するので、ペットショップ店員を目指す方はご参考に。

ペット探偵になるには資格は必要?
ペット探偵になるには資格は必要?

迷子になったネコやイヌなどのペットを捜索する専門家「ペット探偵」。ペット探偵になるには、どのような資格が必要なのか?解説します。

マンション管理士

マンション管理士ってどんな資格?就職先は?
マンション管理士ってどんな資格?就職先は?

マンション管理士とは、どんな資格なのか?資格を取得すると、どんな就職先が考えられるのか?について解説します。マンション管理士に興味がある方のご参考になれば幸いです。

マンション管理士の難易度と勉強時間
マンション管理士の難易度と合格までの勉強時間

マンション管理士の試験の難易度や、合格に必要な勉強時間をご紹介します。

保育士

保育士試験に合格して資格を取得をするメリット・デメリット
保育士試験に合格して資格を取得をするメリット・デメリット

保育士の資格は、保育士試験に合格することで取得ができます。では、保育士試験を受験して保育士資格を取得するメリット・デメリットは?この記事で紹介します。

保育士資格を学校に通って取得するメリット・デメリット
保育士資格を学校に通って取得するメリット・デメリット

保育士の資格を取得できる学校について解説します。保育士の学校に入学できる条件や、通学するメリット・デメリットをご紹介するので、独学ではなく学校で資格を取ろうと思っている方は、参考にしてください。

職業訓練の保育士コースに合格するには?ポイントはこの3つ
職業訓練の保育士コースに合格するには?ポイントはこの3つ

「職業訓練」のコースの中には、保育士資格を取得するための科目があり、応募する際「書類審査」と「面接」があります。この記事では、職業訓練の保育士コースに合格するポイントを3つご紹介します。

保育士の筆記試験と実技試験の対策まとめ
保育士の筆記試験と実技試験の対策まとめ

保育士の資格試験のポイントをまとめました。

保育士の実技試験の攻略ポイント
保育士の実技試験にある「音楽」「造形」「言語」の攻略ポイント

音楽・造形・言語の3つの対策をご紹介します。実技試験の勉強で困っている方の参考になれば幸いです。

保育士試験に独学で合格するためのポイント4つ
保育士試験に独学で合格するためのポイント4つ

保育士の試験に独学で勉強して合格を目指す人のために、試験に合格するポイントを4つご紹介します。

どんな就職先がある?保育士資格取得後に働ける場所の例
どんな就職先がある?保育士資格取得後に働ける場所の例

保育士資格を取得すると、どんな就職先があるのか?これから保育士資格を取得しようと考えている方はもちろん、すでに資格を取得した方もご参考にしてください。 保育士の就職先の例 保育士の就職先の一例は次の通 ...

保育士の試験の難易度と就職先
保育士試験の難易度は?独学で受験するなら知っておきたい難しさとは

保育士試験に合格することの難しさや、保育士資格を取得した後の就職先についてご紹介します。

保育士筆記試験の勉強のコツ
独学で受かる!保育士の筆記試験の勉強のコツ

保育士試験に独学で挑戦する人に向けて、筆記試験対策のポイントをご紹介します。「保育原理」「教育原理と社会的養護」「児童家庭福祉」「社会福祉」「保育の心理学」「子どもの保健」「子どもの食と栄養」「保育実習理論」分野に分けて簡潔に解説します。

保育士の資格の取り方は?方法はこの3つ
保育士の資格の取り方は?方法はこの3つ

保育士の資格を取るには、どのような方法があるのか?保育士資格を取得するには、「保育学校を卒業する」「保育士試験に合格する」「職業訓練校の保育コースを卒業する」の3つの方法があります。この記事では、それぞれの取得方法について詳しく解説します。

職業訓練で保育士の資格を無料で取得する方法
職業訓練で保育士の資格を無料で取得する方法

保育士の資格が無料で取得できる「職業訓練」についてご紹介します。保育士資格を取得するには、独学で保育士試験に合格するか、保育の短大・専門学校を卒業するのが一般的ですが、職業訓練を利用した取得方法もあります。この記事では、職業訓練とは何か?どんな人が対象か?解説します。

宅建

宅建を取得するメリット
意味あるの?宅建を取得する3つのメリット

宅建(宅地建物取引士)の資格を取得しておくと、就転職に有利になります。職務手当やボーナスアップも期待できるでしょう。私生活では、住宅の購入や賃貸契約で宅建の知識が役に立ちます。

宅建の就職の将来性
宅建は資格としての将来性はあるのか?

宅建(宅地建物取引士)は資格としての将来性はあるのか?ないのか?ご紹介します。宅建の資格を取ろうと考えいている方のご参考になれば幸いです。

【初学者向け】テキストを使った宅建の勉強のコツ

今年からはじめて宅建(宅地建物取引士)の勉強をスタートさせる方に向けて、独学で宅建に受かるための、テキストを使った勉強のコツをご紹介します。

【経験者向け】テキストを使った宅建の勉強のコツ
【経験者向け】テキストを使った宅建の勉強のコツ

ある程度、宅建に関連した知識のある人に向けて、独学で宅建(宅地建物取引士)に受かるための、テキストを使った勉強のコツをご紹介します。

宅建の勉強方法
【比較】宅建士の勉強は「独学」「通信講座」「スクール」どれが良いか?

宅建士(宅地建物取引士)の勉強方法として、「独学で勉強する」「スクールに通う」「通信講座を受講する」の3つが考えれます。どの勉強方法が良いのか?それぞれのメリット・デメリットをまとめました。宅建の資格試験に臨む方はぜひ参考にしてください。

通信講座(通信教育)で宅建の勉強をするメリット・デメリット
通信講座(通信教育)で宅建の勉強をするメリット・デメリット

宅建(宅地建物取引士)の通信講座で勉強して資格試験に臨むメリット・デメリットをまとめました。「ユーキャン」「たのまな」「フォーサイト」などの通信講座を受講しようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

スクールに通って宅建の勉強をするメリット・デメリット
スクールに通って宅建の勉強をするメリット・デメリット

全国に点在する宅建(宅地建物取引士)のスクール(学校)に通って資格試験に臨むメリット・デメリットをまとめました。「資格の大原」「大栄」「四谷学院」などの宅建講座に通おうか迷っている方は参考にしてください。

独学で宅建の勉強をするメリット・デメリット
独学で宅建の勉強をするメリット・デメリット

宅建(宅地建物取引士)の資格試験に独学で勉強するメリット・デメリットを整理しました。スクールや通信講座などを利用せず、独学で勉強しようと考えている方はご参考にしてください。

宅建の難易度
宅建は難しい?試験の難易度と合格率を詳しく解説

宅建(宅地建物取引士)はどのくらい難しいのか?独学で合格するのは難しいのか?合格率はどれくらいなのか?について解説します。

宅建は就職に有利か
宅建はどんな就職先に有利になるのか?

宅建(宅地建物取引士)の資格を取ると、どんな就職先に有利となるのか?

宅建の勉強時間
宅建の合格までに必要な勉強時間はどのくらい?

宅建の資格試験に合格するために必要な勉強時間の目安と、勉強の方法をご紹介します。

宅建おすすめテキスト
【独学向け】宅建おすすめテキスト7選~マンガ+参考書+過去問

【2019年版】宅建士(宅地建物取引士)の資格試験に独学でチャレンジする人のための、おすすめのテキストをご紹介します。テキストは、「漫画」「参考書」「問題集」に分けてご紹介します。2019年度の宅建士の資格にチャレンジする人は、ぜひ参考にしてください。

管理業務主任者

管理業務主任者の難易度と勉強時間
管理業務主任者の難易度と合格に必要な勉強時間

不動産や管理業界で注目の「管理業務主任者」。宅建やマンション管理士よりも合格率が高いことで取得を目指す人が多いですが、気になるのが管理業務主任者の難易度や勉強時間。この記事で管理業務主任者の難易度から合格に必要な勉強時間について詳しく解説。

色彩検定

忘れ物ない?色彩検定の試験当日の持ち物リスト

色彩検定の受験当日の持ち物リストをご紹介します。受験票などの必須の持ち物から、「あると便利な持ち物」もお教えします。検定前日までにしっかりチェックをして、当日に慌てないように準備をしましょう。

色彩検定とカラーコーディネーターの違い
「色彩検定」と「カラーコーディネーター」の違いは?取るならどっち?

「色彩検定」と「カラーコーディネーター」はまったく別の検定ですが、何がどう違うのか?どっちを取得するのが良いのか?解説します。

「カラーコーディネーター」と名乗るために資格は必要?
「カラーコーディネーター」と名乗るために資格は必要?

「カラーコーディネーター」と名乗ったり、名刺に記載する際には、色彩検定やカラーコーディネーター検定に合格している必要があるのか?検定に合格していなくても肩書を名乗れるのか?解説します。

色彩検定UC級
色彩検定UC(色のユニバーサルデザイン)級とは?

2018年の冬期より新設された「色彩検定UC級」について詳しく解説。UC級の難易度や勉強時間、活かせる就職先についてご紹介するので、UC級の検定試験を受験しようか迷っている方はご参考に。

色彩検定は3級でも履歴書に書くべきなのか?
色彩検定は3級でも履歴書に書くべきなのか?

合格率が高く難易度としては低い「色彩検定3級」は、履歴書に書くレベルのものなのか?について解説します。色彩検定3級を持っている方は、ぜひ参考にしてください。また、色彩検定を履歴書に書くときのポイントもご紹介します。

勉強効率アップ!色彩検定のテキストの活用術
勉強効率アップ!色彩検定のテキストの活用術

色彩検定2級や色彩検定3級を独学で受験する人に向けて、テキストの活用術をご紹介します。試験に合格するためには、効率の良い勉強でより多くの知識を取り入れる必要があります。この記事でご紹介する方法を実践して、色彩検定の試験に臨んでください。

色彩検定の難易度と合格率
色彩検定の難易度と合格率は?独学での合格は難しい?

色彩検定3級と2級の難易度と合格率についてご紹介します。

色彩検定の就職先
色彩検定が就職に有利な業界とは?

色彩検定の試験に合格し、資格を取得すると、ファッションや住まい、広告業などの幅広い就職先が考えられます。では、具体的にどのような職業で有利になるのか?この記事で、色彩検定を取得することで有利になる職種と、その仕事内容について触れていきます。

色彩検定のおすすめテキスト
色彩検定の試験勉強に役立ったおすすめテキスト

色彩検定3級・2級に合格するためのおすすめのテキスト(参考書と過去問)をそれぞれご紹介します。テキスト選びのポイントもご紹介するので、色彩検定を独学で受験する方はぜひ参考にしてください。

色彩検定の独学のポイント
色彩検定に独学で合格するための勉強時間と計画の立て方

色彩検定3級・2級に合格するため必要な勉強時間の目安をご紹介します。

資格の雑学

履歴書の資格の取得欄、「令和元年」と「令和1年」どっちが正しい?
履歴書の資格の取得欄、「令和元年」と「令和1年」どっちが正しい?

2019年5月1日に、元号が「平成」から「令和」に変更されました。改元に伴って、履歴書の資格の取得年月は「令和元年」と記載するべきか?あるいは「令和1年」と書くのが正しいのか?迷う方も多いようです。では、どっちが正しいのか?この記事で解説します。

執筆者: 著者

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.