就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

宅建

【比較】宅建士の勉強は「独学」「通信講座」「スクール」どれが良いか?

宅建の勉強方法

宅建士(宅地建物取引士)の勉強方法として

  1. 独学
  2. スクール
  3. 通信講座

の3つが挙げられます。

では、どの勉強方法で資格試験に臨むのが良いのか?それぞれの勉強方法のメリット・デメリットを比較しました。

これから宅建の勉強をはじめよう考えている方は、ぜひ参考にしてください。

独学で宅建の勉強をする

独学で宅建の勉強をするメリット・デメリット

まずは、独学で勉強をするメリット・デメリットをご紹介します。

独学のメリット

  • マイペースに勉強できる
  • お金がかからない

マイペースに勉強できる

独学のメリットは、マイペースに勉強を進められること。スクールや通信講座にあるような「カリキュラム」がないので、好きな時間に、好きな分野から勉強ができます。

お金がかからない

独学で勉強する費用は、基本的にテキスト代くらいなので、スクールに通ったり通信講座で学ぶよりもお金が掛かりません。

独学のデメリット

  • 挫折しやすい
  • 効率が悪い

挫折しやすい

独学の最大のデメリットは、挫折しやすい点にあります。自分を引っ張ってくれる先生が存在せず、一緒に勉強する仲間もいないので、孤独と戦う日々が続きます。

宅建の合格に必要な勉強時間は平均で300時間と比較的長いため、途中で挫折する人も少なくありません。

効率が悪い

独学では、分からないところもすべて自分で解決しなければなりません。そのため、理解するのに時間がかかり、効率は悪いです。

宅建おすすめテキスト
【独学向け】宅建おすすめテキスト7選~マンガ+参考書+過去問

【2019年版】宅建士(宅地建物取引士)の資格試験に独学でチャレンジする人のための、おすすめのテキストをご紹介します。テキストは、「漫画」「参考書」「問題集」に分けてご紹介します。2019年度の宅建士の資格にチャレンジする人は、ぜひ参考にしてください。

続きを見る

スクールで宅建の勉強をする

スクールに通って宅建の勉強をするメリット・デメリット

次に、スクールで勉強するメリット・デメリットをご紹介します。

スクールのメリット

  • 勉強時間のムダがない
  • モチベーションを維持できる

勉強時間のムダがない

スクールのメリットは、勉強に無駄がないこと。合格のために必要な知識のみ学ぶことができます。分からないことも講師に聞けばすぐに、分かりやすく解説してくれます。

モチベーションを維持できる

スクールに通うと、一緒に勉強する仲間ができます。講師も合格まで励ましてくれるので、さいごまでモチベーションが下がりにくくなります。

スクールのデメリット

  • 時間の融通が利かない
  • お金が掛かる
  • 通学が大変

時間の融通が利かない

スクールはカリキュラムを決めているため、時間の融通が効きません。休むと授業内容についていけないこともあります。

お金が掛かる

スクールにもよりますが、だいたい10万円以上はします。独学の方が安く済みます。通信講座であれば半額の5万円前後で勉強ができます。

通学が大変

スクールの場所にもよりますが、受験日まで定期的に通学するのは意外と大変です。通学時間が長いと、負担になってしまいます。

スクールに通って宅建の勉強をするメリット・デメリット
スクールに通って宅建の勉強をするメリット・デメリット

全国に点在する宅建(宅地建物取引士)のスクール(学校)に通って資格試験に臨むメリット・デメリットをまとめました。「資格の大原」「大栄」「四谷学院」などの宅建講座に通おうか迷っている方は参考にしてください。

続きを見る

通信講座で宅建の勉強する

通信講座(通信教育)で宅建の勉強をするメリット・デメリット

さいごに、通信講座で勉強するメリット・デメリットをご紹介します。

通信講座のメリット

  • 比較的マイペースに勉強できる
  • モチベーションを維持しやすい
  • 添削してもらえる

比較的マイペースに勉強できる

通信講座のメリットは、カリキュラムはあるものの、勉強をする時間と場所を選ばず、比較的マイペースに取り組めます。

モチベーションを維持しやすい

通信講座は定期的に添削してもらう必要があるので、モチベーションを維持しやすいメリットがあります。添削時にアドバイスを書いてくれたりするので、それが励みになることも。

添削してもらえる

宅建の勉強をしていると専門知識が多く戸惑いますが、分からないことがあれば添削して教えてもらえます。

通信講座のデメリット

  • 疑問解決まで時間がかかる
  • 挫折の可能性もなくはない

疑問解決まで時間がかかる

通信講座のデメリットは、気になることや疑問点がすぐに解決できないことです。リアルタイムで講師に質問ができないので、勉強時間のムダが出ます。

挫折の可能性もなくはない

通信講座は、独学のように比較的マイペースに勉強ができ、スクールのようにモチベーションを保ったまま勉強ができます。

ですが、基本的には1人で勉強するので、挫折する可能性は0ではありません。勉強時間が取れなくなるとカリキュラムが進まず、途中で投げ出してしまう可能性もあります。

通信講座(通信教育)で宅建の勉強をするメリット・デメリット
通信講座(通信教育)で宅建の勉強をするメリット・デメリット

宅建(宅地建物取引士)の通信講座で勉強して資格試験に臨むメリット・デメリットをまとめました。「ユーキャン」「たのまな」「フォーサイト」などの通信講座を受講しようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

続きを見る

まとめ

宅建の勉強方法には「独学」「スクール」「通信講座」があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

一概にどの勉強方法が良いとは言い切れないので、ご自身のライフスタイルを振り返り、もっとも合う勉強法を選択しましょう。

ちなみに私は、独学で勉強して、1年目は途中で挫折してあきらめてしまいました。2年目も独学で勉強し直し、なんとか合格できました。

宅建の勉強時間
宅建の合格までに必要な勉強時間はどのくらい?

宅建の資格試験に合格するために必要な勉強時間の目安と、勉強の方法をご紹介します。

続きを見る

あなたにおすすめ

宅建の就職の将来性
宅建は資格としての将来性はあるのか?

宅建(宅地建物取引士)は資格としての将来性はあるのか?ないのか?ご紹介します。宅建の資格を取ろうと考えいている方のご参考になれば幸いです。

宅建の勉強方法
【比較】宅建士の勉強は「独学」「通信講座」「スクール」どれが良いか?

宅建士(宅地建物取引士)の勉強方法として、「独学で勉強する」「スクールに通う」「通信講座を受講する」の3つが考えれます。どの勉強方法が良いのか?それぞれのメリット・デメリットをまとめました。宅建の資格試験に臨む方はぜひ参考にしてください。

通信講座(通信教育)で宅建の勉強をするメリット・デメリット
通信講座(通信教育)で宅建の勉強をするメリット・デメリット

宅建(宅地建物取引士)の通信講座で勉強して資格試験に臨むメリット・デメリットをまとめました。「ユーキャン」「たのまな」「フォーサイト」などの通信講座を受講しようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

スクールに通って宅建の勉強をするメリット・デメリット
スクールに通って宅建の勉強をするメリット・デメリット

全国に点在する宅建(宅地建物取引士)のスクール(学校)に通って資格試験に臨むメリット・デメリットをまとめました。「資格の大原」「大栄」「四谷学院」などの宅建講座に通おうか迷っている方は参考にしてください。


フォーサイトで宅建士を目指しませんか?

宅建の勉強なら、合格率が全国平均の4.54倍の「フォーサイト」にお任せ!88.4%が満足した充実のカリキュラムが、あなたを合格に導きます。

\2019年試験まであと/
--時間---試験は終了しました

▼今すぐ資料請求(無料)

-宅建
-

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.