就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

2019年2月更新

色彩検定に独学で合格する計画や勉強のポイント

更新日:

色彩検定の独学のポイント

「色彩検定を取得したいけど、あまりお金をかけたくない」「マイペースに勉強がしたい」と考える人は、独学で合格を目指すのではないでしょうか?

コストをおさえられることが魅力の独学ですが、気が散りやすく、挫折しやすいので注意が必要。

取り組んでから「思うように勉強が進まない!」なんて後悔してからでは遅いので、色彩検定を独学で合格するためのポイントをしっかりチェックしましょう。

色彩検定の試験の特徴

色彩検定を独学で受験する人が知っておきたいポイントをまとめました。

どんな試験?

色彩検定は色が持つ特徴を理解し、活用するための知識を問う検定です。3級は入門的な内容で、マークシート形式の試験なので難しくはありません。

2級は筆記試験もあり、言葉の穴埋め問題などが出題されます。受験資格はないので誰でも受験できます。

独学でも合格できる?

色彩検定は、ほかの資格と比べてもひねった問題はないので、テキストを中心に勉強すれば独学でも合格を狙えます。2級は少し難しくなりますが、しっかりしたスケジュールを立てれば取得できます。

ただし、独学の弱点は挫折しやすいので注意が必要。計画通りに物事を進めるのが苦手な人や、今までに独学で失敗した経験があるなら、独学よりも通信講座がおすすめです。

2級から受けても大丈夫?

はじめての受験でも2級からチャレンジできますが、色彩検定3級の範囲の知識は絶対に必要です。受験の必要はありませんが、テキストは両方購入して独学に臨むほうが良いでしょう。

どんな分野で役に立つ?

ファッションやインテリア、デザインから広告まで、色彩に関する知識は幅広い分野で必要とされます。

色彩検定の取得をすれば、就職やビジネスで役に立つことはもちろん、プライベートでのファッションやインテリアのコーディネート、食卓の彩りを考えるときにも役立ちます。

色彩検定の就職先
色彩検定が就職に有利な業界とは?

「色彩検定は、どんな業界で使えるのか」「就職で有利になるのか」「持っていて本当に役に立つのか」…色彩 ...

続きを見る

独学60日の合格スケジュール

60~45日前 3級のテキストを読む
45~25日前 2級のテキストを読む
25~10日前 2級の過去問を解く
10~1日前 まとめ
試験本番

独学は3級からスタート

2級だけを受験する人も、かならず3級から独学をスタートしてください。色彩検定に限らず、階級のある試験のほとんどは初級の知識をベースに問題が出題されます。

自信のある人は2級からスタートしても構いませんが、テキストには基礎的な解説が書かれていないことが多くて行き詰ります。

土台がしっかりしていないと応用もできませんので、独学は3級からスタートがおすすめです。

スケジュールのポイント

最初の2週間は3級のテキストを読み、簡単に内容を理解します。2~3回ほど読めば色彩検定の全体像を理解できるので、問題を解かなくても大丈夫です。

次の3週間で色彩検定2級のテキストを読み、理解できたら問題集へ進みます。最後の1週間は、独学で分からなかったところの総まとめをしましょう。

毎日欠かさず勉強すると自然に知識が身に付きますので、1日の1~2時間は独学の時間を確保しましょう。

3級のみの勉強時間の目安

色彩検定3級だけを独学で受験する場合、勉強時間の目安は1カ月ほどです。毎日1~2時間も勉強すれば十分でしょう。

教材を選ぶときは公式テキストを購入する必要はなく、分かりやすく解説された参考書で構いません。問題集も付いていることが多いので一冊で足ります。

色彩検定の難易度と合格率
【受験者は必見】色彩検定の難易度と合格のツボ

色彩検定は、小学生から高齢者まで幅広い世代が受験する人気の検定。受験勉強で身に付けた知識は、ビジネス ...

続きを見る

色彩検定を取得するための勉強法

カラーコーディネーターの独学の勉強法

事前知識を明確にする

色彩検定の独学のポイントは、テキストを一度だけサラッと読み、理解できるものと難しそうなものに分けることです。3級であれば難解な部分はありませんが、2級は専門性の高い知識が問われます。

2級で分からないところは、3級のテキストに戻って勉強し直して基礎を固めましょう。問題集に取り組む前に、事前知識の有無をハッキリさせることが独学のポイントです。

満点を目指さないこと

一般的な教養を身に付ける勉強と、資格のための勉強は異なります。教養のための勉強は本人が満足すれば目的は達成されますが、資格は自己満足では合格できません。

あたり前ですが、勉強を始めると誰もが忘れてしまい、満点を目指すために色彩検定のテキストを全て理解して完璧を目指そうとします。

社会人であれば独学の勉強時間が限られていると思います。ムダな時間を費やさずに合格ラインを目指せば良いので、満点を目指さない効率よい独学が成功のカギです。

色彩検定のおすすめテキスト
色彩検定の勉強に役立つ必須テキスト

色彩検定を独学で受験する場合、どのテキストを選ぶのかは重要。一見わかりやすそうなテキストを手に取って ...

続きを見る

まとめ

色彩検定3級は独学でも1カ月ほどで合格が十分に狙えます。2級は基礎知識の理解とスケジュール管理が重要です。独学の勉強時間は60日ほどを目安に考えてください。

試験は満点をめざす必要はないので、効率よい勉強を目指しましょう。

独学に自信がない人や、もっと効率よく勉強したいなら、通信講座も視野に入れてください。ポイントをおさえた教材で勉強ができ、講師が一人ずつ添削してくれるので、真剣に取り組めば確実に力になります。

おすすめ資格ランキング
【2019年2月版】

医療事務

おすすめ資格1位

病院などの受付として働くときに有利な資格が「医療事務」。
病院は好不況に関わらず常に忙しいため、医療事務の求人は耐えることがありません。
安定した就職先を考えている女性に特に人気です。

\最短4カ月で修了/

調剤薬局事務

おすすめ資格2位

調剤薬局で働く「調剤薬局事務」。
医療事務は入院・手術・処置など、学習範囲が多岐に渡りますが、調剤薬局事務は薬剤のみ。学習範囲が狭く、それほど難易度が高くないため、初めての方にもおすすめ。

\最短2カ月で修了/

食育メニュープランナー養成講座

おすすめ資格3位

栄養バランスを考えた食生活や、食の安全についてきちんと学べる「食育メニュープランナー養成講座」。
学習範囲のレポート提出をすれば資格取得となるため、「何か資格を取りたい」「新しいことにチャレンジしたい!」といった方におすすめ。

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.