就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

2019年2月更新

カラーコーディネーターの取得が役立つ就職先と仕事内容

更新日:

カラーコーディネーターの仕事

カラーコーディネーターの取得を目指している人は、「合格すると、どんな就職先に有利で、どんな仕事内容があるのか」と疑問に感じたことはありませんか?

難易度がそれほど高くはないので狙いやすい検定ですが、就職や仕事に生かせないなら頑張って合格しても意味がありません。

そこで、カラーコーディネーターの資格が役に立つ就職先と、どんな仕事内容があるのかについてご紹介します。

カラーコーディネーターの活躍の場

今、どうしてカラーコーディネーターの仕事が求められるのか?根本的な理由について知っておきましょう。

ビジネスとしての色

私たちは色に囲まれて生活しており、色が人の心理に与える影響は絶大です。

カラーコーディネーターは、この色について実践的な知識を身に付け、ビジネスで役立つスペシャリストとして活躍します。

たとえば、企業が世の中に商品を出すとき、デザインの一環として「どのような色彩の組み合わせが売れるか」が常に問われています。

お店に並ぶカラフルな商品や、おしゃれなインテリアのカフェなど、魅力のある色の裏ではカラーコーディネーターが多く活躍しているのです。

仕事や私生活で役立つ

カラーコーディネーターの知識は、就職先に有利なのはもちろん、今の仕事や私生活でも役立ちます。

会社員の仕事であれば、色のバランスを考えた見やすい企画書やプレゼン資料の作成に活用できます。販売店のスタッフは、商品を陳列するときの色のバランスを考えることもできます。

プライベートでは、毎日の洋服選びやメイクでもおしゃれの幅が広がり、インテリアの配色にも生かせます。

カラーコーディネーターの知識が身に付けば、自然とセンスが磨かれるのがうれしいポイントです。

カラーコーディネーターの難易度
カラーコーディネーターの難易度と勉強時間の目安

色彩のプロとして、アパレルやインテリアをはじめとした幅広い業界で求められるカラーコーディネーター。ス ...

続きを見る

取得後の就職先と仕事内容

カラーコーディネーターの就職先

取得をすると有利な就職先

カラーコーディネーターの知識を身に付ければ、幅広い業界の就職に有利。

ファッション業界が代表的ですが、日用品や食料品、家電品などの活躍の場も期待できます。

  • 建築
  • 広告
  • IT
  • 印刷物
  • メイク
  • ネイル
  • アパレル
  • インテリア
  • ブライダル
  • ウェブデザイン
  • メーカーの商品開発部

どんな仕事があるか?

アパレル業界を例にとると、ファッションのコーディネーターやデザイナー、服飾店の販売員などの就職先が考えられます。

建築業界では、都市計画における建築物と自然の色彩の調和を考えたデザインや建材選びにも、カラーコーディネーターの仕事があります。

商品開発に関わる人材であれば、パッケージデザインのコンセプトを強く伝えるために、色の観点から考える参考になります。

カラーコーディネーターの将来性

カラーコーディネーターの取得をライセンスとしている企業も多数あり、給与や待遇面で優遇するケースも増えています。

色は衣食住すべてに関わっているため、今後も、就職やビジネスなどの幅広いシーンでの需要が期待できます。

カラーコーディネーターの独学のポイント
未経験者がカラーコーディネーターを独学で合格する方法

アパレルやメイク、デザイン関係の仕事に役立つカラーコーディネーターの資格は、就職や転職で取得を目指す ...

続きを見る

カラーコーディネーターの資格の注意点

カラーコーディネーターの取得を目指すことは大切ですが、取得をするだけで満足する「資格依存症」になってはいけません。

趣味で合格を目指す人は別ですが、就職先や仕事で生かすには工夫が必要です。

3級は趣味のレベル

どんな資格でも同じことが言えますが、カラーコーディネーターの3級で学ぶことは基礎レベルであり、就職先にはアピールができません。

今の仕事や私生活で役立つことは間違いありませんが、履歴書に書くようなレベルではありません。

ただし、カラーコーディネーター3級を出発点として2級や1級へ進んでいけば、勉強の成果が仕事や就職先にも反映されます。

就職先にアピールしたいのであれば2級の合格を目指し、3級はあくまで次のステップを踏むための準備段階と考えましょう。

就職には直結しない

宅建や管理業務主任者のような「設置義務」がある資格は、企業にとって「なくてはならない存在」。

一方のカラーコーディネーターは、取得者のみに与えられる仕事などありません。就職に直結しないので、あくまで知識の指標と考えてください。

ただし、「一般事務の仕事」から「色に関わる業界」など、異業種間での就職や転職には有利です。実務経験がない分、知識があることをアピールできます。

就職で生かすためには?

カラーコーディネーターの知識をより就職先にアピールするためには、自分がどのような働き方をしたいのかをイメージすることが大切です。

たとえば、インテリアコーディネーターとして就職したいなら、カラーコーディネーターとインテリアコーディネーターの関連資格の取得を目指すことで、将来の展望が開けます。

メイク業界に就職したいならメイクアップアーティストの資格、服飾業界に就職したいならファッションコーディネート色彩能力検定なども考えられます。

色彩検定の通信講座を探す

まとめ

カラーコーディネーターの合格を目指せば、仕事や就職に役立つ実践的な知識を身に付けられます。

色の持つ特徴や心理的な効果を学び、さまざまな商品企画やサービスに生かすことができます。

アパレルやインテリア、不動産から広報部門などの幅広い業界の就職先に役立つだけではなく、普段の生活にも役に立ちます。

カラーコーディネーターは取得をして損はないので、3級からスタートして2級以上の合格を目指しましょう。

カラーコーディネーターのテキスト
コレで合格!カラーコーディネーターのおすすめテキスト

カラーコーディネーターは1~3級までありますが、1級以外であればしっかり勉強すれば独学でも合格はでき ...

続きを見る

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.