就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

保育士資格ってどんな資格?

保育士資格

「保育士資格」とは?

保育士の資格の取り方は?方法はこの3つ

保育士資格とは、保育所など児童福祉施設において子どもの保育を行う人が所有する国家資格。

保育士資格の取り方

保育士の資格を取る方法は、

  1. 保育学校を卒業して資格を取る
  2. 保育士試験に合格して資格を取る
  3. 職業訓練を卒業して資格を取る

があります。

保育学校を卒業して資格を取る

保育士資格を学校に通って取得するメリット・デメリット

保育士の資格は、保育園を管轄する厚生労働省が指定する養成校(学校)を卒業することで、資格を取得できます。

資格が取れる学校の例は次の通り。

  • 4年制大学の保育士養成課程
  • 短期大学の保育士養成課程
  • 専門学校の保育士養成課程
  • 保育士養成施設

それぞれの学校において、保育士の資格を習得できる学部・学科で所定の単位を取得して卒業します。卒業をすれば、試験や実技などのテストを受ける必要なく、保育士資格が取れます。

保育士資格を学校に通って取得するメリット・デメリット
保育士資格を学校に通って取得するメリット・デメリット

保育士の資格は、「保育関連の学校を卒業する」か、「保育士試験に合格する」ことで、取得ができます。 こ ...

続きを見る

保育士試験に合格して資格を取る

保育士試験に合格して資格を取得をするメリット・デメリット

保育士試験とは、保育士になるための試験で、毎年2回(前期と後期)実施されています。試験は「筆記試験」と「実技試験」があり、合格すると保育士資格が取得できます。

保育士の資格試験は、以下の1つに該当すれば受験ができます。

  • 短大か大学を卒業
  • 大学に2年以上在学し、62単位以上を修得
  • 高等専門学校を卒業、またはそれに準ずる者
  • 平成3年3月31日までに高校卒業
  • 平成8年3月31日までに高校の保育科を卒業
  • 高校を卒業し、児童福祉施設で2年以上の保育経験がある
  • 中学を卒業し、児童福祉施設で5年以上の保育経験がある

保育士とはまったく関係がない学部や学科を卒業した人も対象です。

保育士試験に合格して資格を取得をするメリット・デメリット
保育士試験に合格して資格を取得をするメリット・デメリット

保育士の資格は、「保育関連の学校を卒業する」か、「保育士試験に合格する」ことで、取得ができます。 こ ...

続きを見る

職業訓練を卒業して資格を取る

職業訓練の保育士コースに合格するには?ポイントはこの3つ

「職業訓練」とは、再就職のために知識や技術を身に付けるための学校で、国が設けた制度です。

保育士の職業訓練は、毎年4月に開催され、各施設で2年間、保育士として就職するために必要な技能を身に付けます。

職業訓練を利用すれば、保育士資格は無料で取得できます。取得までの期間は2年間です。

職業訓練で保育士の資格を無料で取得する方法
職業訓練で保育士の資格を無料で取得する方法

保育士の資格といえば、保育の専門学校や短大を卒業するか、独学で保育士試験に合格しなければ取得ができな ...

続きを見る

保育士試験の勉強法

難易度

保育士の試験の難易度と就職先

保育士の資格を取得するためには、筆記試験と実技試験に合格する必要があります。

筆記試験はマークシート形式で全8科目。1科目あたりの制限時間は60分で満点は100点。「教育原理および社会的養護」の科目のみ30分ずつで50点が満点です。

すべてマークシート形式ですが、内容は単純ではないので、適当に解答しても合格できません。半年前から1日2時間勉強しても、1年目ですべての科目を合格するのは難しいです。

手芸の資格が取得できるおすすめ通信講座5選

手芸教室の先生として活躍したい方や、ハンドメイド作家として成功するためには、正しい技術を身に付けるこ ...

続きを見る

勉強のポイント

保育士筆記試験の勉強のコツ

保育士試験に独学で受かるためのポイントは、

  1. 「保育指針」を重点的に勉強
  2. ニュースを欠かさずチェック
  3. 満点を目標にしない
  4. 一発合格を目指さない

の4つ。

勉強範囲は広いですが、一発合格を目指さず2~3年に掛けて合格を狙うと、勉強する範囲が絞れて楽です。

保育士試験に独学で合格するためのポイント4つ
保育士試験に独学で合格するためのポイント4つ

保育士試験に独学で受かるためのポイントは、 「保育指針」を重点的に勉強 ニュースを欠かさずチェック ...

続きを見る

保育士の就職先

どんな就職先がある?保育士資格取得後に働ける場所の例

保育士の就職先の一例は次の通り。

  • 保育園
  • 幼稚園
  • 保育所
  • 児童福祉施設
  • ベビーシッター
  • 保育ママ(家庭的保育)
  • 企業内保育園
  • 商業施設の一時保育

保育士資格は、保育のプロを証明する国家資格。就職先は、公立や民間の保育所や児童福祉施設があります。

また、希望の勤務形態や時間にあわせて働きやすい「ベビーシッター」や、自宅を利用して子どもを預かる「保育ママ(家庭的保育)」、企業が母親の働きやすい環境を提供するための「企業内保育園」などの就職先もあります。

デパートや飲食店などの一時保育をする施設もあるため、保育士はさまざまな場所で活躍できるでしょう。

どんな就職先がある?保育士資格取得後に働ける場所の例
どんな就職先がある?保育士資格取得後に働ける場所の例

保育士資格を取得すると、どんな就職先があるのか?これから保育士資格を取得しようと考えている方はもちろ ...

続きを見る

保育士試験に合格して資格を取得をするメリット・デメリット

保育士

保育士試験に合格して資格を取得をするメリット・デメリット

保育士の資格は、「保育関連の学校を卒業する」か、「保育士試験に合格する」ことで、取得ができます。 このうち、保育士試験を受験して保育士資格を取得するメリット・デメリットについてご紹介します。試験を受けようと思っている方は、ぜひ参考にしてください。 「保育士試験」とは? 保育士試験とは、保育士になるための試験で、毎年2回(前期と後期)実施されています。試験は「筆記試験」と「実技試験」があります。 試験の概要 各都道府県で開催される保育士試験を受験して、合格すると資格を取得できます。 試験の日程は、筆記試験が ...

保育士資格を学校に通って取得するメリット・デメリット

保育士

保育士資格を学校に通って取得するメリット・デメリット

保育士の資格は、「保育関連の学校を卒業する」か、「保育士試験に合格する」ことで、取得ができます。 このうち、保育関連の学校に通って保育士資格を取得するメリット・デメリットについてご紹介します。保育の学校に通うおうと思っている方は、ぜひ参考にしてください。 保育士学校の特徴 保育士の資格を取得できる学校は、保育園を管轄する厚生労働省が指定する養成校(学校)を卒業する必要があります。 資格が取れる学校の例 4年制大学の保育士養成課程 短期大学の保育士養成課程 専門学校の保育士養成課程 保育士養成施設 それぞれ ...

職業訓練の保育士コースに合格するには?ポイントはこの3つ

保育士

職業訓練の保育士コースに合格するには?ポイントはこの3つ

「職業訓練」のコースの中には、保育士資格を取得するための科目があります。保育士資格を学校で通うとなると数百万円も掛かりますが、職業訓練を利用すれば無料で取得が目指せます。 では、この職業訓練に合格するのは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?この記事でポイントをご紹介します。 保育士の職業訓練に合格するポイント 職業訓練の保育士コースに応募する際、「書類審査」と「面接」があります。 書類審査は志望動機や現在の就職状況などを申込用紙に書きます。都道府県によっては、面接と一緒に作文の試験が行われることも ...

保育士

保育士の筆記試験と実技試験の対策まとめ

保育士資格を取るためには、「筆記試験」と「実技試験」に受かる必要があります。この記事では、それぞれの試験の対策についてまとめました。ご参考になれば幸いです。 保育士の筆記試験の対策 保育原理 保育士原理で毎年のように出題される分野は以下の通り。 保育指針 児童福祉関連法 保育の歴史 少子化対策 子育て支援などの法整備 特に、法制が変更された前後の内容はしっかりと把握しておきましょう。 教育原理と社会的養護 教育原理で出題の頻度が高い分野は教育史。「近代教育の父」「ロックの教育理論」など、教育に関わる基本的 ...

保育士の実技試験の攻略ポイント

保育士

保育士の実技試験にある「音楽」「造形」「言語」の攻略ポイント

保育士の資格は、「筆記試験」と「実技試験」に合格することで取得できます。 実技試験は、筆記試験の各科目で満点の6割以上を取ると受けられます。今回は、この実技試験の攻略ポイントについてご紹介します。 保育士の実技試験の攻略ポイント 保育士の実技試験は、 音楽に関する技術 造形に関する技術 言語表現に関する技術 のなかから2つの分野を選択し、受験します。 音楽表現に関する技術 「音楽表現に関する技術」は、子どもに歌って聞かせてあげることを想定して、課題曲2曲をピアノ、ギター、アコーディオンのいずれかで演奏しな ...

保育士試験に独学で合格するためのポイント4つ

保育士

保育士試験に独学で合格するためのポイント4つ

保育士試験に独学で受かるためのポイントは、 「保育指針」を重点的に勉強 ニュースを欠かさずチェック 満点を目標にしない 一発合格を目指さない の4つ。 闇雲に勉強しても合格はできません。ポイントをおさえた勉強法をマスターして、合格を目指しましょう。 試験に合格するための勉強法 「保育指針」を重点的に勉強 保育所保育指針は、試験でも数科目に重複して、毎年のように出題されています。また、保育士として働くために、保育所保育指針の理解は欠かせんません。きちんと理解しておく必要があります。 保育所保育指針は、厚生労 ...

どんな就職先がある?保育士資格取得後に働ける場所の例

保育士

どんな就職先がある?保育士資格取得後に働ける場所の例

保育士資格を取得すると、どんな就職先があるのか?これから保育士資格を取得しようと考えている方はもちろん、すでに資格を取得した方もご参考にしてください。 保育士の就職先の例 保育士の就職先の一例は次の通り。 保育園 幼稚園 保育所 児童福祉施設 ベビーシッター 保育ママ(家庭的保育) 企業内保育園 商業施設の一時保育 保育士資格は、保育のプロを証明する国家資格。就職先は、公立や民間の保育所や児童福祉施設があります。 また、希望の勤務形態や時間にあわせて働きやすい「ベビーシッター」や、自宅を利用して子どもを預 ...

保育士の試験の難易度と就職先

保育士

保育士試験の難易度は?独学で受験するなら知っておきたい難しさとは

保育士試験に合格することの難しさや、保育士資格を取得した後の就職先についてご紹介します。

保育士筆記試験の勉強のコツ

保育士

独学で受かる!保育士の筆記試験の勉強のコツ

保育士試験には、「筆記試験」と「実技試験」があります。 筆記試験は勉強範囲が広く、また専門性が高いためかなり難関です。そこでこの記事では、保育士の筆記試験の勉強のコツを私なりにまとめました。独学で保育士試験に挑戦する人のご参考になれば幸いです。 保育士試験の勉強のコツ 保育原理 保育原理は、保育を行うときの基礎知識を学ぶ大切な分野。保育の本質や歴史、指導計画など、さまざまな分野の出題があります。 保育士原理で毎年のように出題される分野は以下の通り。 保育指針 児童福祉関連法 保育の歴史 少子化対策 子育て ...

保育士の資格の取り方は?方法はこの3つ

保育士

保育士の資格の取り方は?方法はこの3つ

保育士として働くときに必要なのが保育士の資格。 保育士資格は国家資格で、資格に合格して「保育士証」の交付を受けると、晴れて保育園の採用試験を受けられます。 保育士の資格を取る方法は、 保育学校を卒業して資格を取る 保育士試験に合格して資格を取る 職業訓練を卒業して資格を取る があります。 では、それぞれの取り方は、何が違うのか?この記事で解説します。保育士として働いてみたい方は、ぜひ参考にしてください。 保育学校を卒業して資格を取る 保育士の資格は、保育園を管轄する厚生労働省が指定する養成校(学校)を卒業 ...

職業訓練で保育士の資格を無料で取得する方法

保育士

職業訓練で保育士の資格を無料で取得する方法

保育士の資格といえば、保育の専門学校や短大を卒業するか、独学で保育士試験に合格しなければ取得ができない、と思われるかもしれません。 ですが、「職業訓練」という国の制度を利用すれば、無料で保育士の資格を取得できるのです。 では、保育士の職業訓練はどんな人が対象で、どのような手続きが必要なのでしょうか? そんな疑問を解決するために、職業訓練を利用した保育士の資格の取得方法を詳しく解説します。 「職業訓練」とは? 職業訓練とは、再就職のために知識や技術を身に付けるための学校のようなもので、国が設けた制度です。 ...

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.