就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

保育士

職業訓練の保育士コースに合格するには?ポイントはこの3つ

更新日:

職業訓練の保育士コースに合格するには?ポイントはこの3つ

「職業訓練」のコースの中には、保育士資格を取得するための科目があります。保育士資格を学校で通うとなると数百万円も掛かりますが、職業訓練を利用すれば無料で取得が目指せます。

では、この職業訓練に合格するのは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?この記事でポイントをご紹介します。

保育士の職業訓練に合格するポイント

職業訓練の保育士コースに応募する際、「書類審査」と「面接」があります。

書類審査は志望動機や現在の就職状況などを申込用紙に書きます。都道府県によっては、面接と一緒に作文の試験が行われることもあります。

「施設見学」をする

職業訓練では、実際に応募する前に無料の「施設見学」ができます。施設見学では、訓練を受ける場所やカリキュラムの内容を確認できます。

施設見学への参加は必須ではありません。見学をしなくても職業訓練に応募ができます。

ですが、参加した方が採用されやすくなります。書類審査では志望理由に「見学の感想(施設見学の感想)」を書くことができるので、参加しておくと職業訓練を受ける意欲をアピールできます。

書類選考では間違いなく有利になるので、必ず施設見学に参加しましょう。時期は1月ごろに行われています。

「所有資格」は空欄にしない

職業訓練の申込用紙には、「所有資格」を記入する欄があります。

資格をひとつも持っていなくても、空欄のまま提出しないでください。

「現在、チャイルドマインダーの資格取得に向けて勉強中」など、保育士に関連する資格の取得を目指し、就職に前向きなことをアピールすると書類選考では好印象です。

倍率の低い校舎を選ぶ

保育士の職業訓練を開催している施設は、全国に複数あり、同じ都道府県内でも、複数の施設で開催されています。

施設によっては倍率が高いこともあります。倍率の高い校舎に応募すると、不合格となってしまう可能性があります。

平成28年度の東京都を例にとると、保育士の職業訓練は6校ありますが、そのうちの1校だけ、倍率が約6倍もありました。おそらく、職業訓練の授業時間が他の施設よりも短く、「時間を有効に使える」と考えた人が殺到したために、募集が集中したものと考えられます。

他の訓練校では倍率は2倍以下です。なるべく、倍率が低い訓練校を選びましょう。

倍率は、お住まいの地域の管轄ハローワークで確認ができます。去年の倍率データを参考にしましょう。

また、職業訓練の内容が他よりも「ゆるい」ところは応募が殺到し、倍率が高くなります。「ここは良さそうだな」と思ったところは、ほかの人も狙っている可能性が高いので、あえてほかの校舎を選ぶと良いかもしれません。

まとめ

保育士の職業訓練に受かるためには、

  1. 「施設見学」をする
  2. 「所有資格」は空欄にしない
  3. 倍率の低い校舎を選ぶ

の3つがポイント。

とにかく、「保育士として働きたい」「保育士資格の取得に前向きである」ことをアピールしましょう。また、倍率の低い校舎を選ぶことも大切です。去年のデータをハローワークなどで調べ、参考にしましょう。

職業訓練で保育士の資格を無料で取得する方法
職業訓練で保育士の資格を無料で取得する方法

保育士の資格といえば、保育の専門学校や短大を卒業するか、独学で保育士試験に合格しなければ取得ができな ...

続きを見る

たのまなで保育士を目指しませんか?

保育士試験の勉強なら「たのまな」の保育士【完全合格】講座にお任せ!分かりやすいオリジナル教材で合格に必要なノウハウが学べるのはもちろん、キャリアサポートもあるので保育士デビューまでサポートしてくれます。

\今すぐ資料請求/

3年目の試験までサポート

-保育士
-

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.