就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

【解説】色彩検定ってどんな資格?勉強時間や難易度は?

色彩検定とは?

「色彩検定」とは?

色彩検定とは色に関する幅広い知識や技能を問う検定試験です。
仕事のスキルアップはもちろん、暮らしを豊かにする知識や法則がたくさん詰まっています。

出典:色彩検定とは|色彩検定協会/カラーコーディネーター

色彩検定は、色のプロフェッショナルです。生活と密に関わる色について専門的に学び、その知識を生活や仕事に活かすことが目的です。

色彩検定の難易度と合格率

色彩検定の難易度と合格率

3級の難易度と合格率

色彩検定3級の試験内容は初学者向けの入門レベルですので、問われる論点も基礎的な内容ばかりです。合格率は通年75%前後と高く、難易度としては低いことが分かります。

2級の難易度と合格率

色彩検定2級の試験内容は、3級で学ぶ色の基礎に加え、さらに高度な配色技法について学びます。当然、3級よりも難易度としては高くなりますが、合格率は通年65%前後と高く、それほど難しくないことが伺えます。

色彩検定の難易度と合格率
色彩検定の難易度と合格率は?独学での合格は難しい?

色彩検定3級と2級の難易度と合格率についてご紹介します。

続きを見る

色彩検定の勉強時間

色彩検定の独学のポイント

3級の勉強時間

色彩検定3級に合格するための勉強時間は、目安として15時間程度です。1週間しっかり勉強すれば合格できますが、テキスト選びなどの準備もあるので、1カ月前からはじめると安心です。

2級の勉強時間

色彩検定2級に合格するための勉強時間は、目安として50時間程度です。ただ、2級は3級の知識も必要なので、3級の内容も勉強する場合は65時間程度は必要です。学習期間としては2カ月もあれば十分でしょう。

色彩検定の独学のポイント
色彩検定に独学で合格するための勉強時間と計画の立て方

色彩検定3級・2級に合格するため必要な勉強時間の目安をご紹介します。

続きを見る

色彩検定のテキスト

色彩検定のおすすめテキスト

3級のおすすめのテキスト

1週間でスピード合格!!色彩検定3級テキスト&問題集

色彩検定をはじめて勉強する人におすすめのテキストが「1週間でスピード合格!!色彩検定3級テキスト&問題集」。

タイトルにある通り、たった7日で色彩検定に合格するために必要な知識が身に付きます。見やすく分かりやすく構成されているので、楽しく勉強ができました。

2級のおすすめテキスト

A・F・T 色彩検定公式テキスト2級編

色彩検定3級の勉強に公式テキストを買う必要はありませんが、2級を受けるなら必須。試験の大半は公式テキストから出題され、市販の教材だけでは解けないような問題が出題されることもあります。

また、ワードの穴埋め問題では、公式テキストの文言がそのまま出題されます。試験では図や写真も公式テキスト準拠のものが使われているので、この1冊を買って勉強すれば間違いありません。

このテキストで勉強した後は、過去問を解きましょう。

色彩検定のおすすめテキスト
色彩検定の試験勉強に役立ったおすすめテキスト

色彩検定は人気検定であり、書店に行くとさまざまなテキストが並んでいますよね。選ぶのに迷ってしまう人も ...

続きを見る

テキストの活用術

色彩検定を勉強するときは、

  1. ノートを使わない
  2. テキストだけに集中する
  3. 覚えたところに線を引く

の3つがポイント。

勉強するときによくノートを使うと思いますが、ノートを作ると、「ノートにきれいにまとめること」が仕事になってしまい、勉強に集中できません。

ノートにいろいろ書くのではなく、テキストに直接書き込みましょう。この方が、勉強効率がよくなります。

勉強効率アップ!色彩検定のテキストの活用術

色彩検定の試験に受かるためには、テキストを使った勉強が欠かせませんね。 そこでこの記事では、ちょっと ...

続きを見る

色彩検定の就職先

色彩検定を取得することで有利になる就職先は、

  • ファッションデザイナー
  • ファッションコーディネーター
  • テキスタイルデザイナー
  • メイクアップアーティスト
  • ネイリスト
  • ヘアスタイリスト
  • 建築士
  • インテリアコーディネーター
  • インテリアデザイナー
  • 照明デザイナー
  • 工業デザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • Webデザイナー
  • カラーセラピスト
  • アートセラピスト
  • 福祉・医療関係

などが挙げられます。

就職先にアピールできるのは、色彩検定2級以上です。3級だけ持っていてもあまり役にな立たないので、2級以上にチャレンジしましょう。

色彩検定の就職先
色彩検定が就職に有利な業界とは?

「色彩検定は、どんな業界で使えるのか」「就職で有利になるのか」「持っていて本当に役に立つのか」…色彩 ...

続きを見る

色彩検定の履歴書の書き方

色彩検定は3級でも履歴書に書くべきなのか?

履歴書に記載するときは、「文部科学省後援 色彩検定〇級」と記載します。取得年月日は、合格証書に記載の日付を記載しましょう。

また、色彩検定で就職先にアピールできるのは2級以上ですが、3級でも書いておいてください。せっかく頑張って取得したのですから、書いておいた方が好印象です。

色彩検定は3級でも履歴書に書くべきなのか?
色彩検定は3級でも履歴書に書くべきなのか?

色彩検定には階級があり、3級がもっとも簡単で、2級、1級となるにつれて難易度が上がります。当然、就職 ...

続きを見る

色彩検定

忘れ物ない?色彩検定の試験当日の持ち物リスト

色彩検定の試験当日に持参して行くべき持ち物をリストにしました。色彩検定を受験する方は前日までに用意して、当日は忘れ物がないように準備しておきましょう。 色彩検定の試験当日の持ち物 色彩検定の当日には、以下の持ち物が必要です。 必須の持ち物リスト 受験票 筆記用具 身分証明書 受験票 受験票は必須です。雨の日は濡れてしまう可能性もあるので、クリアファイルなどに入れて濡れないようにしておきましょう。万が一、忘れてしまった場合は、早めに試験会場の担当者に申し出てください。 筆記用具 普段使い慣れている筆記用具を ...

色彩検定とカラーコーディネーターの違い

カラーコーディネーター 色彩検定

「色彩検定」と「カラーコーディネーター」の違いは?取るならどっち?

色に関する検定や資格はいくつか存在しますが、中でも有名なのが「色彩検定」と「カラーコーディネーター」の2つ。 この2つの検定はまったく別の物ですが、では、何がどう違うのでしょうか?また、取得するならどっちが良いのか?解説します。 「色彩検定」と「カラーコーディネーター」の違い 「色彩検定」と「カラーコーディネーター」の違いは、大きく3つあります。 「主催」が違う 「試験内容」が違う 「難易度」が違う 「主催」が違う 色彩検定とカラーコーディネーターは、試験を実施している「主催」が異なります。 色彩検定:色 ...

「カラーコーディネーター」と名乗るために資格は必要?

カラーコーディネーター 色彩検定

「カラーコーディネーター」と名乗るために資格は必要?

「カラーコーディネーター」と名乗るために、色彩検定やカラーコーディネーター検定に合格して、資格を取る必要があるのか?について解説します。 「カラーコーディネーター」と名乗るには? 「色彩検定」や「カラーコーディネーター」をはじめとし、色に関する検定や資格は数多く存在しますが、「カラーコーディネーター」という肩書を名乗るために必要な資格はありません。 以下は、色彩検定協会による案内です。 一般に色についての専門知識を持ち、色のコーディネートをする人を「カラーコーディネーター」や「カラーリスト」などと呼びます ...

色彩検定UC級

色彩検定

色彩検定UC(色のユニバーサルデザイン)級とは?

色彩検定UC級は、2018年の冬期より新しく新設された検定です。この記事では、UC級とは何か?についてご紹介します。 「色彩検定UC級」とは? 色彩検定UC(色のユニバーサルデザイン)級とは、色覚の多様性に配慮した、誰もが見やすい色使いについて学ぶための検定です。高齢者などを対象に、見やすくデザインするためには、どのような配慮が必要か?を理論的に学ぶことができます。 色彩検定には3級などの階級がありますが、UC級は階級とは切り離された検定です。いきなりUC級から受験しても問題ありません。 UC級の難易度と ...

色彩検定は3級でも履歴書に書くべきなのか?

色彩検定

色彩検定は3級でも履歴書に書くべきなのか?

色彩検定には階級があり、3級がもっとも簡単で、2級、1級となるにつれて難易度が上がります。当然、就職先にアピールできるのは最難関の1級であり、2級、3級となるにつれ、アピール材料としては弱いものとなります。 では、もっとも簡単な色彩検定3級は、履歴書に書くべきなのでしょうか?解説します。 色彩検定3級は履歴書に書く? 色彩検定3級で学べることは色の基礎知識であり、就職先で活かせるようなレベルではありません。合格率は70%以上と高く、正直、少し勉強すればだれでも合格できる試験です。 したがって、色彩検定3級 ...

色彩検定

勉強効率アップ!色彩検定のテキストの活用術

色彩検定の試験に受かるためには、テキストを使った勉強が欠かせませんね。 そこでこの記事では、ちょっとした工夫で色彩検定の勉強効率がグッと上がるテキストの活用法をご紹介します。独学で受験する方の参考になれば幸いです。 色彩検定のテキストの活用術 色彩検定のテキストを活用する術は、 ノートを使わない テキストだけに集中する 覚えたところに線を引く の3つ。この方法で勉強の効率が上がりました。 ノートを使わない 一般的に、勉強をするときはノートを買って、覚えたことをノートにメモすると思います。 ですが、色彩検定 ...

色彩検定の難易度と合格率

色彩検定

色彩検定の難易度と合格率は?独学での合格は難しい?

色彩検定3級と2級の難易度と合格率についてご紹介します。

色彩検定の就職先

色彩検定

色彩検定が就職に有利な業界とは?

「色彩検定は、どんな業界で使えるのか」「就職で有利になるのか」「持っていて本当に役に立つのか」…色彩検定の取得を目指す人であれば、こんな不安を抱えるのでは? せっかく頑張って色彩検定に合格しても、就職などに活かせなかったら何の意味もありませんよね。 そこでこの記事では、色彩検定は本当に就職先に有利なのか?どんな就職先が考えられるのか?についてご紹介します。「もう取得はしたけど、どんな業界でアピールできるの?」と疑問に思っている有資格者の方も、ぜひご参考にしてください。 色彩検定って就職に有利なの? 就職先 ...

色彩検定のおすすめテキスト

色彩検定

色彩検定の試験勉強に役立ったおすすめテキスト

色彩検定は人気検定であり、書店に行くとさまざまなテキストが並んでいますよね。選ぶのに迷ってしまう人も多いのでは? 特に独学で色彩検定を受ける人にとって、どのテキストを選ぶのか?はとっても重要。 そこでこの記事では、色彩検定の試験勉強に役立ったおすすめのテキストをご紹介します。独学で受験する人のご参考になれば幸いです。 色彩検定3級のおすすめテキスト 色彩検定3級の難易度は低く、合格率も高い試験ですが、やはりテキストを購入してきちんと勉強する必要があります。 1週間でスピード合格!!色彩検定3級テキスト&問 ...

色彩検定の独学のポイント

色彩検定

色彩検定に独学で合格するための勉強時間と計画の立て方

色彩検定3級・2級に合格するため必要な勉強時間の目安をご紹介します。

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.