就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

色彩検定

色彩検定は3級でも履歴書に書くべきなのか?

色彩検定は3級でも履歴書に書くべきなのか?

色彩検定には階級があり、3級がもっとも簡単で、2級、1級となるにつれて難易度が上がります。当然、就職先にアピールできるのは最難関の1級であり、2級、3級となるにつれ、アピール材料としては弱いものとなります。

では、もっとも簡単な色彩検定3級は、履歴書に書くべきなのでしょうか?解説します。

色彩検定3級は履歴書に書く?

色彩検定3級で学べることは色の基礎知識であり、就職先で活かせるようなレベルではありません。合格率は70%以上と高く、正直、少し勉強すればだれでも合格できる試験です。

したがって、色彩検定3級では就職先にはアピールできません。アピールできるのは2級以上です。

だからと言って、履歴書を空欄のまま提出するのはもったいないです。3級とは言え、せっかく取得したのですから、恥ずかしがらずに書きましょう。ないよりは、あった方がマシです。

履歴書に書くときのポイント

色彩検定に合格したことを履歴書に書くときのポイントは次の通り。

  • 「文部科学省後援 色彩検定○級」と記載
  • 取得年月は「合格証書に記載の日付」を記載
  • 「色彩検定2級取得に向けて勉強中」などもアピールする

検定の正式名称

色彩検定協会によると、履歴書に書くときは「文部科学省後援 色彩検定○級」と書くように指示があります。

たとえば、3級なら「文部科学省後援 色彩検定3級」と履歴書に記載します。

検定の取得年月

一般的に、履歴書には「年」と「月」も記載します。年と月は、色彩検定の試験日ではなく、「合格証書に記載の日付」を記載します。

たとえば、令和元年に合格証書を発行されていたら、「年」に「令和元年」と記載し、「月」に「7月」などと記載します。

勉強中の資格も書く

もし、色彩検定3級だけを履歴書に書くことに抵抗があるのなら、取得に向けて勉強中の検定や資格も記載しましょう。

たとえば、色彩検定2級の勉強中なら、「現在、文部科学省後援 色彩検定2級の取得に向けて勉強中」などと記載します。記載することで、意欲的な姿勢をアピールできます。

まとめ

色彩検定3級は、就職先にアピールできるようなレベルの検定ではありませんが、履歴書に書かないよりは、書いた方が良いでしょう。

履歴書に記載するときは、「文部科学省後援 色彩検定3級」と記載します。取得年月日は、合格証書に記載の日付を記載しましょう。

色彩検定の就職先
色彩検定が就職に有利な業界とは?

色彩検定の試験に合格し、資格を取得すると、ファッションや住まい、広告業などの幅広い就職先が考えられます。では、具体的にどのような職業で有利になるのか?この記事で、色彩検定を取得することで有利になる職種と、その仕事内容について触れていきます。

続きを見る

あなたにおすすめ

「カラーコーディネーター」と名乗るために資格は必要?
「カラーコーディネーター」と名乗るために資格は必要?

「カラーコーディネーター」と名乗ったり、名刺に記載する際には、色彩検定やカラーコーディネーター検定に合格している必要があるのか?検定に合格していなくても肩書を名乗れるのか?解説します。

勉強効率アップ!色彩検定のテキストの活用術
勉強効率アップ!色彩検定のテキストの活用術

色彩検定2級や色彩検定3級を独学で受験する人に向けて、テキストの活用術をご紹介します。試験に合格するためには、効率の良い勉強でより多くの知識を取り入れる必要があります。この記事でご紹介する方法を実践して、色彩検定の試験に臨んでください。

色彩検定とカラーコーディネーターの違い
「色彩検定」と「カラーコーディネーター」の違いは?取るならどっち?

「色彩検定」と「カラーコーディネーター」はまったく別の検定ですが、何がどう違うのか?どっちを取得するのが良いのか?解説します。

色彩検定UC級
色彩検定UC(色のユニバーサルデザイン)級とは?

2018年の冬期より新設された「色彩検定UC級」について詳しく解説。UC級の難易度や勉強時間、活かせる就職先についてご紹介するので、UC級の検定試験を受験しようか迷っている方はご参考に。


フォーサイトで合格を目指しませんか?

色彩検定・カラーコーディネーターの勉強なら、高い合格率を誇る「フォーサイト」にお任せ!88.4%が満足と回答した充実のカリキュラムが、あなたを合格に導きます。

\2019年冬季検定まであと/
--時間---冬季検定は終了しました

▼今すぐ資料請求(無料)

-色彩検定

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.