就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

著者の記事

おすすめの資格

手芸の資格が取得できるおすすめ通信講座5選

手芸教室の先生として活躍したい方や、ハンドメイド作家として成功するためには、正しい技術を身に付けることが必要不可欠。 手芸のスキルは何度も同じ工程を繰り返して経験することで磨かれますが、資格取得を目指し、通信講座できちんとしたテクニックを学ぶことも大切です。手芸の講師やハンドメイド販売者として本格的に続けていくためには、基礎の技術力が必要なのです。 そこでこの記事では、手芸(ハンドメイド)の基礎技術きちんと身に付けたい方のためのおすすめ通信講座を5つご紹介します。 プロを目指す方はもちろん、趣味で始めたい ...

色彩検定

忘れ物ない?色彩検定の試験当日の持ち物リスト

色彩検定の試験当日に持参して行くべき持ち物をリストにしました。色彩検定を受験する方は前日までに用意して、当日は忘れ物がないように準備しておきましょう。 色彩検定の試験当日の持ち物 色彩検定の当日には、以下の持ち物が必要です。 必須の持ち物リスト 受験票 筆記用具 身分証明書 受験票 受験票は必須です。雨の日は濡れてしまう可能性もあるので、クリアファイルなどに入れて濡れないようにしておきましょう。万が一、忘れてしまった場合は、早めに試験会場の担当者に申し出てください。 筆記用具 普段使い慣れている筆記用具を ...

カラーコーディネーターの独学の勉強法

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターに独学で合格するための勉強のポイント3つ

カラーコーディネーターの試験勉強は、重要なポイントを暗記すれば良いのですが、なかなか頭には入らないもの。独学でテキストを一度読んでいても、すぐに忘れてしまいますよね? きちんと記憶するためには繰り返しの勉強が必要です。独学でチャレンジする人は、以下の3つのポイントを意識しながら取り組みましょう。 読んだら思い出す 自問自答で記憶を定着 テキストは塗りつぶす では、具体的なカラーコーディネーターの勉強方法を解説します。 カラーコーディネーターの勉強のポイント 読んだら思い出す カラーコーディネーターのテキス ...

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターのテキスト選びのポイント

カラーコーディネーターのテキスト選びのポイントは、 ビジュアルの多いテキストを選ぶ 3級のテキストから勉強をはじめる 仕上げに過去問で内容整理 の3つ。具体的に見ていきましょう。 テキスト選びのポイント3つ ビジュアルの多いテキストを選ぶ カラーコーディネーターのテキストを選ぶときに最も重要なのが、図・表やイラストなどのビジュアルの量。ビジュアルが少ないと単調で勉強に飽きてしまうし、難易度の高い2級では挫折します。 図やイラストが多用されているテキストは、理解がしやすく記憶に残りやすいメリットもあります。 ...

色彩検定とカラーコーディネーターの違い

カラーコーディネーター 色彩検定

「色彩検定」と「カラーコーディネーター」の違いは?取るならどっち?

色に関する検定や資格はいくつか存在しますが、中でも有名なのが「色彩検定」と「カラーコーディネーター」の2つ。 この2つの検定はまったく別の物ですが、では、何がどう違うのでしょうか?また、取得するならどっちが良いのか?解説します。 「色彩検定」と「カラーコーディネーター」の違い 「色彩検定」と「カラーコーディネーター」の違いは、大きく3つあります。 「主催」が違う 「試験内容」が違う 「難易度」が違う 「主催」が違う 色彩検定とカラーコーディネーターは、試験を実施している「主催」が異なります。 色彩検定:色 ...

「カラーコーディネーター」と名乗るために資格は必要?

カラーコーディネーター 色彩検定

「カラーコーディネーター」と名乗るために資格は必要?

「カラーコーディネーター」と名乗るために、色彩検定やカラーコーディネーター検定に合格して、資格を取る必要があるのか?について解説します。 「カラーコーディネーター」と名乗るには? 「色彩検定」や「カラーコーディネーター」をはじめとし、色に関する検定や資格は数多く存在しますが、「カラーコーディネーター」という肩書を名乗るために必要な資格はありません。 以下は、色彩検定協会による案内です。 一般に色についての専門知識を持ち、色のコーディネートをする人を「カラーコーディネーター」や「カラーリスト」などと呼びます ...

色彩検定UC級

色彩検定

色彩検定UC(色のユニバーサルデザイン)級とは?

色彩検定UC級は、2018年の冬期より新しく新設された検定です。この記事では、UC級とは何か?についてご紹介します。 「色彩検定UC級」とは? 色彩検定UC(色のユニバーサルデザイン)級とは、色覚の多様性に配慮した、誰もが見やすい色使いについて学ぶための検定です。高齢者などを対象に、見やすくデザインするためには、どのような配慮が必要か?を理論的に学ぶことができます。 色彩検定には3級などの階級がありますが、UC級は階級とは切り離された検定です。いきなりUC級から受験しても問題ありません。 UC級の難易度と ...

色彩検定は3級でも履歴書に書くべきなのか?

色彩検定

色彩検定は3級でも履歴書に書くべきなのか?

色彩検定には階級があり、3級がもっとも簡単で、2級、1級となるにつれて難易度が上がります。当然、就職先にアピールできるのは最難関の1級であり、2級、3級となるにつれ、アピール材料としては弱いものとなります。 では、もっとも簡単な色彩検定3級は、履歴書に書くべきなのでしょうか?解説します。 色彩検定3級は履歴書に書く? 色彩検定3級で学べることは色の基礎知識であり、就職先で活かせるようなレベルではありません。合格率は70%以上と高く、正直、少し勉強すればだれでも合格できる試験です。 したがって、色彩検定3級 ...

色彩検定

勉強効率アップ!色彩検定のテキストの活用術

色彩検定の試験に受かるためには、テキストを使った勉強が欠かせませんね。 そこでこの記事では、ちょっとした工夫で色彩検定の勉強効率がグッと上がるテキストの活用法をご紹介します。独学で受験する方の参考になれば幸いです。 色彩検定のテキストの活用術 色彩検定のテキストを活用する術は、 ノートを使わない テキストだけに集中する 覚えたところに線を引く の3つ。この方法で勉強の効率が上がりました。 ノートを使わない 一般的に、勉強をするときはノートを買って、覚えたことをノートにメモすると思います。 ですが、色彩検定 ...

保育士試験に合格して資格を取得をするメリット・デメリット

保育士

保育士試験に合格して資格を取得をするメリット・デメリット

保育士の資格は、「保育関連の学校を卒業する」か、「保育士試験に合格する」ことで、取得ができます。 このうち、保育士試験を受験して保育士資格を取得するメリット・デメリットについてご紹介します。試験を受けようと思っている方は、ぜひ参考にしてください。 「保育士試験」とは? 保育士試験とは、保育士になるための試験で、毎年2回(前期と後期)実施されています。試験は「筆記試験」と「実技試験」があります。 試験の概要 各都道府県で開催される保育士試験を受験して、合格すると資格を取得できます。 試験の日程は、筆記試験が ...

保育士資格を学校に通って取得するメリット・デメリット

保育士

保育士資格を学校に通って取得するメリット・デメリット

保育士の資格は、「保育関連の学校を卒業する」か、「保育士試験に合格する」ことで、取得ができます。 このうち、保育関連の学校に通って保育士資格を取得するメリット・デメリットについてご紹介します。保育の学校に通うおうと思っている方は、ぜひ参考にしてください。 保育士学校の特徴 保育士の資格を取得できる学校は、保育園を管轄する厚生労働省が指定する養成校(学校)を卒業する必要があります。 資格が取れる学校の例 4年制大学の保育士養成課程 短期大学の保育士養成課程 専門学校の保育士養成課程 保育士養成施設 それぞれ ...

職業訓練の保育士コースに合格するには?ポイントはこの3つ

保育士

職業訓練の保育士コースに合格するには?ポイントはこの3つ

「職業訓練」のコースの中には、保育士資格を取得するための科目があります。保育士資格を学校で通うとなると数百万円も掛かりますが、職業訓練を利用すれば無料で取得が目指せます。 では、この職業訓練に合格するのは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?この記事でポイントをご紹介します。 保育士の職業訓練に合格するポイント 職業訓練の保育士コースに応募する際、「書類審査」と「面接」があります。 書類審査は志望動機や現在の就職状況などを申込用紙に書きます。都道府県によっては、面接と一緒に作文の試験が行われることも ...

保育士

保育士の筆記試験と実技試験の対策まとめ

保育士資格を取るためには、「筆記試験」と「実技試験」に受かる必要があります。この記事では、それぞれの試験の対策についてまとめました。ご参考になれば幸いです。 保育士の筆記試験の対策 保育原理 保育士原理で毎年のように出題される分野は以下の通り。 保育指針 児童福祉関連法 保育の歴史 少子化対策 子育て支援などの法整備 特に、法制が変更された前後の内容はしっかりと把握しておきましょう。 教育原理と社会的養護 教育原理で出題の頻度が高い分野は教育史。「近代教育の父」「ロックの教育理論」など、教育に関わる基本的 ...

保育士の実技試験の攻略ポイント

保育士

保育士の実技試験にある「音楽」「造形」「言語」の攻略ポイント

保育士の資格は、「筆記試験」と「実技試験」に合格することで取得できます。 実技試験は、筆記試験の各科目で満点の6割以上を取ると受けられます。今回は、この実技試験の攻略ポイントについてご紹介します。 保育士の実技試験の攻略ポイント 保育士の実技試験は、 音楽に関する技術 造形に関する技術 言語表現に関する技術 のなかから2つの分野を選択し、受験します。 音楽表現に関する技術 「音楽表現に関する技術」は、子どもに歌って聞かせてあげることを想定して、課題曲2曲をピアノ、ギター、アコーディオンのいずれかで演奏しな ...

保育士試験に独学で合格するためのポイント4つ

保育士

保育士試験に独学で合格するためのポイント4つ

保育士試験に独学で受かるためのポイントは、 「保育指針」を重点的に勉強 ニュースを欠かさずチェック 満点を目標にしない 一発合格を目指さない の4つ。 闇雲に勉強しても合格はできません。ポイントをおさえた勉強法をマスターして、合格を目指しましょう。 試験に合格するための勉強法 「保育指針」を重点的に勉強 保育所保育指針は、試験でも数科目に重複して、毎年のように出題されています。また、保育士として働くために、保育所保育指針の理解は欠かせんません。きちんと理解しておく必要があります。 保育所保育指針は、厚生労 ...

どんな就職先がある?保育士資格取得後に働ける場所の例

保育士

どんな就職先がある?保育士資格取得後に働ける場所の例

保育士資格を取得すると、どんな就職先があるのか?これから保育士資格を取得しようと考えている方はもちろん、すでに資格を取得した方もご参考にしてください。 保育士の就職先の例 保育士の就職先の一例は次の通り。 保育園 幼稚園 保育所 児童福祉施設 ベビーシッター 保育ママ(家庭的保育) 企業内保育園 商業施設の一時保育 保育士資格は、保育のプロを証明する国家資格。就職先は、公立や民間の保育所や児童福祉施設があります。 また、希望の勤務形態や時間にあわせて働きやすい「ベビーシッター」や、自宅を利用して子どもを預 ...

調理師

おすすめの資格

料理の仕事に就職したい人におすすめの資格4選

料理の仕事に就職したい人に向けて、就職先で必ず役に立つ実践的な資格をご紹介します。将来、料理の道のプロとして活躍したい方はぜひチェックしてください。 フードコーディネーター フードコーディネーターとは、テレビ番組や雑誌などの料理シーンの制作から、レストランのプロデュースなどに携わることができる資格です。 資格を取得してすぐにフードコーディネーターとして活躍するのは難しいですが、経験を積むと独立できる可能性があります。 調理師 和食、洋食、中華などの調理全般と、食品の栄養や衛星管理などを学ぶ資格です。 「調 ...

妊婦におすすめの資格

おすすめの資格

在宅受験OK!妊娠中に取得できて産後役立つ資格3選

「妊娠中に特にやることがない。でも、何かためになることをしたい!」と考えている妊婦さんのために、以下の3つの条件を満たした資格を厳選しました。 在宅受験できる 妊娠中に合格できる 産後に役立つ 妊娠3カ月~9カ月ごろまでの間に勉強して、出産までに在宅受験ができる、体に負担のないおすすめの資格に絞りました。 また、取得しても役に立たないような資格ではなく、産後、私生活や仕事にきちんと活かせる資格をご紹介するので、妊婦さんはぜひ参考にしてください。 妊娠中に取得できて産後役立つ資格 離乳食・幼児食コーディネー ...

おすすめの資格

プライベートと仕事で役立つ!専業主婦におすすめの資格はこの4つ

プライベートでも私生活でも役に立つ、専業主婦におすすめの資格を4つピックアップ!「何かためになる資格を」と考えている専業主婦の方は、ぜひ参考にしてください。 専業主婦におすすめの資格 食育アドバイザー 食育アドバイザーとは、体に良い食品選びや栄養バランスを考えて献立が作れるようになる資格。 子どもや家族のために取得をする方が多いようです。おいしい料理のコツも分かるので、毎日の食事がグレードアップしますね。 料理教室の開設や飲食業の就職にも活かせるので、再就職をしたい主婦にもおすすめの資格です。 調剤薬局事 ...

インテリアコーディネーターの勉強法

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター資格試験の勉強法

インテリアコーディネーター資格試験の勉強として、どんな方法があるのか?この記事でご紹介します。 インテリアコーディネーターの勉強法 インテリアコーディネーターの勉強法として 独学で勉強する 通信講座で勉強する 専門学校で勉強する の3つが挙げられます。それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。 独学で勉強する メリット 独学のメリットは、好きな時間に好きな場所で勉強できること。お金をあまり掛けずに勉強できるメリットもあります。 デメリット デメリットは、挫折しやすいこと。「インテリアが好き」という気持 ...

インテリアコーディネーターになるには資格は必要?求められるスキルは?

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターになるには資格は必要?求められるスキルは?

インテリアコーディネーターになるには資格が絶対に必要か?どんなスキルが求められるのか?についてご紹介します。 インテリアコーディネーターという仕事に興味がある方や、資格取得を検討している方のご参考になれば幸いです。 インテリアコーディネーターになるには資格は必要? インテリアコーディネーターは資格がなくても働けます。 資格はあくまでインテリアの知識があることを証明するためのものであって、その資格がないと仕事ができない、というものではありません。 無資格でも就職はできますし、実際に活躍している人は多くいます ...

インテリアコーディネーター資格試験のテキストの選び方

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター資格試験のテキストの選び方

インテリアコーディネーターの資格試験に独学で受験する人に向けて、失敗しないテキスト選びのコツをご紹介します。 テキスト選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてください。 インテリアコーディネーターのテキスト選びのコツ まずは、「公式以外のテキスト」で学ぶ 次に、「公式テキスト」で勉強する さいごに、「過去問」で内容整理 「公式以外のテキスト」で学ぶ まずは、公式以外のテキストを読み、インテリアについて広く浅く理解します。 インテリア産業協会が出版している公式テキストもありますが、このいかにも「教科書」なテキス ...

マンション管理士ってどんな資格?就職先は?

マンション管理士

マンション管理士ってどんな資格?就職先は?

マンション管理士とは、どんな資格なのか?資格を取得すると、どんな就職先が考えられるのか?について解説します。マンション管理士に興味がある方のご参考になれば幸いです。 「マンション管理士」とは? 概要 マンション管理士は、マンション管理適正化推進法によって誕生した国家資格です。 分譲されたマンションの管理組合の管理に関し、管理組合や区分所有者などからの相談に応じ、助言や指導などの援助を行うのがマンション管理士の仕事です。 具体的には、長期修繕計画の作成や工事会社の選択などのアドバイス、管理規約の見直し、住居 ...

宅建を取得するメリット

宅建

意味あるの?宅建を取得する3つのメリット

宅建(宅地建物取引士)の資格を取得すると、どんなメリットがあるのか?個人的に感じた3つのメリットをご紹介します。 これから宅建の資格取得に向けて勉強する方や、そもそも、宅建を取得する意味ってあるの?と疑問に感じている方は、参考にしてください。 宅建のメリット 宅建のメリットは、 就職に有利になる 職務手当が出る 私生活でも役立つ の3つあり、取得する意味は十分にあると言えます。 就職に有利になる 宅建を取得すると、就転職に有利になります。宅建士にしかできない業務がある(業務独占)ため、不動産業には欠かせな ...

宅建の就職の将来性

宅建

宅建は資格としての将来性はあるのか?

宅建(宅地建物取引士)は人気の資格。不動産業界の就職時にはもちろんのこと、「なにか就職に役立つ資格を」と漠然と考えている人からも人気があります。 で、気になるのが資格としての将来性。 宅建は人気の資格なので、累積合格者数(有資格者数)が多く、「みんな持っているのに必要なのか?」と疑問に思う人もいるでしょう。 また、今後は需要がなくなるのでは?と不安になる人もいるかもしれません。 そこでこの記事では、宅建は資格としての将来性があるのか?ないのか?思うところを書いてみます。参考になれば幸いです。 宅建の将来性 ...

宅建

【初学者向け】テキストを使った宅建の勉強のコツ

今年からはじめて宅建(宅地建物取引士)の勉強をスタートさせる方に向けて、独学で宅建に受かるための、テキストを使った勉強のコツをご紹介します。 どういった手順で勉強するべきか?迷っている方のご参考になれば幸いです。 宅建の勉強のコツ はじめて宅建の勉強をする人は、 まず、「漫画」で全体を把握 次に、「参考書」で知識を深める さいごに、「過去問」を繰り返し解く といった手順で勉強するのがおすすめです。 漫画を読む 知識0から宅建の勉強をする方は、まずは漫画で学びましょう。 宅建は法律関係の難しい用語がたくさん ...

【経験者向け】テキストを使った宅建の勉強のコツ

宅建

【経験者向け】テキストを使った宅建の勉強のコツ

ある程度、宅建に関連した知識のある人に向けて、独学で宅建(宅地建物取引士)に受かるための、テキストを使った勉強のコツをご紹介します。 テキストを使った宅建の勉強法 宅建に関連した知識がある程度ある方は、 まず、「参考書」で全体を把握 次に、「過去問」を繰り返し解く さいごに、「予想問題集」を解く といった手順で勉強するのがおすすめです。 参考書を読む まずは、参考書で試験に必要な知識を身に付けます。 漫画を読んでも良いですが、試験まであまり時間がない場合は読まなくても良いと思います。また、経験者は漫画で理 ...

キャリアアップにおすすめの資格

おすすめの資格

キャリアアップにおすすめの国家資格3選

キャリアアップを考えている30~40代男性におすすめの国家資格を3つ厳選紹介いたします。 中小企業診断士 中小企業診断士とは、経営コンサルタントに関わる唯一の国家資格。企業の経営状態を総合的に判断して、改善点や教育のコンサルティングが行えます。 ビジネスの知識とマネジメント能力を身に付けられるので、管理職や役員を目指す人におすすめの資格です。 合格率は18~20%前後。 ファイナンシャル・プランニング技能士 ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)は、お金に関する幅広い知識を生かし、顧客の資産設 ...

就転職におすすめの資格

おすすめの資格

就職や転職のときにアピールできるおすすめ資格3選

これから就職を控えている大学生や、転職を考えている社会人に向けて、就転職に役立つおすすめの資格を3つに絞ってご紹介します。 宅建士(宅地建物取引士) 「宅地建物取引士(略して宅建士)」は、不動産売買や賃貸の仲介に不可欠な国家資格です。 土地や建物の売買などを行う事務所では、5人に1人以上の割合で宅建士の設置が義務付けられているので、不動産業界に就転職する際に有資格者は有利。 宅建士の資格を取得すると「職能手当」が付くケースも多いので、月収やボーナスが上がる可能性も期待できます。 また、不動産業界だけではな ...

宅建の勉強方法

宅建

【比較】宅建士の勉強は「独学」「通信講座」「スクール」どれが良いか?

宅建士(宅地建物取引士)の勉強方法として 独学 スクール 通信講座 の3つが挙げられます。 では、どの勉強方法で資格試験に臨むのが良いのか?それぞれの勉強方法のメリット・デメリットを比較しました。 これから宅建の勉強をはじめよう考えている方は、ぜひ参考にしてください。 独学で宅建の勉強をする まずは、独学で勉強をするメリット・デメリットをご紹介します。 独学のメリット マイペースに勉強できる お金がかからない マイペースに勉強できる 独学のメリットは、マイペースに勉強を進められること。スクールや通信講座に ...

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.