就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

2019年2月更新

宅建の合格までに必要な勉強時間と勉強方法の比較

更新日:

宅建の勉強時間

不動産取引行に欠かせない宅建は、就職に有利で私生活にも役立つ人気の資格。毎年20万人近い受験者がチャレンジしているので、数ある国家資格の中で常に注目を集めています。

独学でも取得する人が多い宅建ですが、気になるのは「どれくらいの勉強時間で合格できるのか?」ということでしょう。

そこで、この記事では宅建の合格に必要な勉強時間や勉強方法をご紹介します。資格取得を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

合格までに必要な勉強時間

宅建の合格までに必要な勉強時間

最低ラインの勉強時間

ネットや雑誌などの情報を見ると、宅建の勉強時間は100~500時間と幅があるようです。個人の能力によっても大きく差が開きますが、最低でも300時間は必要です。

前年の試験を受けた方や効率よく勉強ができるなら、100時間程度でも合格を狙えるようですが、初心者であれば余裕をもって300時間は見ておきましょう。

5月スタートがベストな理由

宅建の勉強時間が300時間だとすると、1日に平均して2時間取り組めば150日、1時間の場合は300日も必要です。

ゆっくり勉強したいなら1年くらい前からはじめれば合格を狙えますが、できれば毎日2時間は確保し、試験の150日前から集中して勉強しましょう。

150日というと5カ月間です。宅建の試験日は毎年10月なので、5月からスタートするとベスト。社会人や学生は何かと忙しいと思いますが、5月であれば新しい環境にも少しは慣れているころ。宅建の勉強時間も確保できると思います。

遅くとも何月に始めるべき?

ベストなスタート時期は5月ごろですが、6~7月でも十分に合格は見込めます。8月に入ると申し込みが閉め切っているため、この場合は来年を見越して独学でゆっくりスタートしましょう。

試験までの期間が短い6~7月スタートにはメリットもあります。追い詰められるので集中力が上がり、宅建の勉強時間の質も上がります。あまり期間が長いと挫折する可能性も高いのです。

ただし、独学では勉強の効率が悪くて合格が見込めない可能性もあります。通信講座などを利用して、能率的な勉強時間をつくりましょう。

宅建の試験の申し込みは、インターネットで7月中旬ごろまでに受け付けています。7月スタートでもまだまだ合格の可能性があるので、早めに申し込みをしましょう。

上手な勉強時間のつくりかた

上手な勉強時間のつくり方

宅建の合格に必要な知識を身に付けるには、ムダに勉強時間をかければ良い訳ではありません。いかに短い勉強時間で集中して取り組めるかがカギです。

ご自身のライフスタイルを見直して、短くても集中できる勉強時間を確保しましょう。

脳が最も活性化する朝に勉強

  • 朝型におすすめ
  • 通勤や通学前の時間を活用
  • 会社や学校で勉強する
  • コーヒーで目を覚まして取り組む

夜は学校や仕事で疲れてやる気が起きなかったり、残業や友だちとの急な予定が入ることがあります。こんなことが続くと、途中で投げ出してしまう可能性が高くなるので、朝の通勤や通学前を宅建の勉強時間として確保しましょう。

朝に取り組むなら、夜は勉強時間を確保しないと割り切り、ぐっすり眠って脳を休ませます。朝には脳が活性化するので、宅建の勉強に集中できるでしょう。

学生や社会人であれば、学校や会社に早めに行くのもおすすめ。集中できる環境が整っている場所で、誰にも邪魔をされずに専念して取り組めます。

朝が苦手な人は、コーヒーの刺激的な香りがやる気と集中力をアップさせるカフェもおすすめです。

仕事終わりや休日の自宅学習はNG

  • 夜型は自宅で勉強しないこと
  • カフェやレストランがおすすめ
  • 休日は図書館がベスト

朝はどうしてもゆっくり眠りたい人には、仕事や学校終わりに宅建の勉強時間を確保しましょう。

ただし、仕事や学校終わりの場合、家に帰ってしまうとやる気が起きない可能性があるので、カフェやレストランで宅建の勉強時間をつくるのがベスト。夜ご飯を食べながら勉強できるので、時間を有効活用できます。

平日になかなか宅建の勉強時間がつくれなければ、休日にまとめて取り組みましょう。カフェ代などの出費が気になる場合は、静かな図書館を利用するのがおすすめ。家だとダラダラする可能性がありますが、人目の多い場所だと集中できます。

空いた時間を賢く使う

  • 移動や休憩などのスキマ時間を活用
  • 一問一答テキストで勉強する

テキストを持ち歩き、通勤や通学の移動中や休憩のヒマな時間を宅建の勉強に費やしましょう。ほんの少しの時間だからこそ能率があがります。

スキマ時間を活用するなら、参考書を読んだり問題集を解くよりも「一問一答」などのテキストで見直す程度にすると、区切りが良く勉強できます。

次ページ「宅建の勉強方法の比較」

次のページへ >

【2019年2月版】宅建講座ランキング

宅建の合格を狙うあなたにおすすめの通信講座TOP3をご紹介!

【第1位】フォーサイト

宅建のことなら、資格取得の学校としてトップクラスの実績を誇る「フォーサイト」にお任せ。2017年の合格率は、なんと66.27%!気になる方は、無料のサンプル教材でお試しください。

【第2位】ユーキャン

生涯学習として有名な通信講座「ユーキャン」。ユーキャンの宅建講座は「約7割正解すればほぼ合格」だけに焦点を絞って、最小限の勉強時間で確実に合格するよう設計されています。

【第3位】通勤講座

長時間の電車通勤をしているあなたにおすすめなのが「通勤講座」。スマホ・タブレットでしっかり合格のノウハウを学べるため、無駄な通勤時間を有意義に変えられますよ。

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.