就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

宅建

スクールに通って宅建の勉強をするメリット・デメリット

  1. おすすめ資格ガイド >
  2. 宅建 >

スクールに通って宅建の勉強をするメリット・デメリット

全国に点在する宅建(宅地建物取引士)のスクール(学校)に通って資格試験に臨むメリット・デメリットをまとめました。スクールに通って宅建の勉強をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

「スクール」とは?

「スクール」とは、資格学校のことで、自宅から資格学校まで通学しながら宅建の勉強をすることを指します。「セミナー」などとも言います。

資格の学校の例として挙げられるのが「資格の大原」「大栄」「四谷学院」などです。宅建は人気資格なので、宅建講座を開講しているスクールはほかにもあり、全国に点在しています。

スクールで宅建を勉強するメリット

  • 勉強時間のムダがない
  • モチベーションが維持できる

勉強時間のムダがない

スクールで勉強する最大のメリットは、勉強時間に無駄がないこと。合格のために必要な知識のみを学ぶことができます。

独学だと、すべての分野をまんべんなく勉強しますが、スクールに行けばどこを重点的に勉強すべきか?が分かり、効率的です。

勉強していて分からないことも、講師に聞けばすぐに分かりやすく解説してくれます。

モチベーションが維持できる

スクールに通って勉強すると、宅建の試験前日までモチベーションを下げることなく勉強が続けられます。

1人で勉強するのが苦手な人も、一緒に勉強する仲間や指導をしてくれる講師がいることで、モチベーションが下がりにくくなるのです。

スクールで宅建を勉強するデメリット

  • 時間の融通が利かない
  • お金が掛かる
  • 通学が大変

時間の融通が利かない

スクールに通うデメリットは、時間の融通が効かないこと。スクール側でカリキュラムを用意しているので、休むと授業内容についていけなくなります。

社会人で残業が多いと、仕事終わりに行けなかったりする危険もあります。

お金が掛かる

スクールに通うのは、お金が掛かります。独学だとテキスト代くらいですが、スクールだと10万円以上はします。通学するための電車代など、細かい出費も多いです。

通学が大変

スクールに通うのは意外と大変です。自宅や会社の近くにスクールがないと、通学時間が長くて通うのが困難になります。

まとめ

スクールに通うメリットは、指導してくれる講師がいるため効率よく勉強ができ、モチベーションを維持しやすい点にあります。デメリットは、お金がかかり、通学が大変なこと。時間の融通も利きにくいです。

スクールに通うのは安くないので、メリット・デメリットを知ったうえで十分に検討しましょう。

宅建の勉強時間
宅建の合格までに必要な勉強時間はどのくらい?

宅建の資格試験に合格するために必要な勉強時間の目安と、勉強の方法をご紹介します。

続きを見る

あなたにおすすめ

宅建の就職の将来性
宅建は資格としての将来性はあるのか?

宅建(宅地建物取引士)は資格としての将来性はあるのか?ないのか?ご紹介します。宅建の資格を取ろうと考えいている方のご参考になれば幸いです。

宅建を取得するメリット
意味あるの?宅建を取得する3つのメリット

宅建(宅地建物取引士)の資格を取得しておくと、就転職に有利になります。職務手当やボーナスアップも期待できるでしょう。私生活では、住宅の購入や賃貸契約で宅建の知識が役に立ちます。

【経験者向け】テキストを使った宅建の勉強のコツ
【経験者向け】テキストを使った宅建の勉強のコツ

ある程度、宅建に関連した知識のある人に向けて、独学で宅建(宅地建物取引士)に受かるための、テキストを使った勉強のコツをご紹介します。

宅建は就職に有利か
宅建はどんな就職先に有利になるのか?

宅建(宅地建物取引士)の資格を取ると、どんな就職先に有利となるのか?


フォーサイトで宅建士を目指しませんか?

宅建の勉強なら、合格率が全国平均の4.54倍の「フォーサイト」にお任せ!88.4%が満足した充実のカリキュラムが、あなたを合格に導きます。

\2019年試験まであと/
--時間---試験は終了しました

▼今すぐ資料請求(無料)

-宅建
-

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.