就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

宅建

独学で宅建の勉強をするメリット・デメリット

独学で宅建の勉強をするメリット・デメリット

独学で宅建(宅地建物取引士)の資格試験に臨むメリット・デメリットをまとめました。独学で宅建の勉強をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

独学ってどんな勉強法?

「独学」とは、参考書や過去問などのテキストを買い、自宅や公共の自習室などで勉強する方法を言います。先生や講師など、指導する人は付きません。

宅建の合格率は15~17%と厳しく思われますが、書店に行けば参考書や問題集が充実しているため、独学でも十分に合格が狙えます。

独学で宅建の勉強をするメリット

  • マイペースに勉強できる
  • お金がかからない

マイペースに勉強できる

独学のメリットは、マイペースに勉強を進められること。スクール通信講座にあるような「カリキュラム」がないので、好きな時間に、好きな分野から勉強ができます。

時間や場所の制約を受けることに抵抗がある人には、独学が向いているでしょう。

お金がかからない

独学で勉強する費用は、基本的にテキスト代くらいなので、スクールに通ったり通信講座で学ぶよりもお金が掛かりません。

「できるだけ節約したい」と考えている人には、独学が向いているでしょう。

独学で宅建の勉強をするデメリット

  • 挫折しやすい
  • 効率が悪い

挫折しやすい

独学の最大のデメリットは、挫折しやすい点にあります。自分を引っ張ってくれる先生が存在せず、一緒に勉強する仲間もいないので、孤独と戦う日々が続きます。

宅建の合格に必要な勉強時間は平均で300時間と比較的長いため、途中で挫折する人も少なくありません。

今までにも何か資格を取得しようと独学ではじめてみたけど、途中で投げ出した経験のある人は、独学は向きません。

効率が悪い

独学では、分からないところもすべて自分で解決しなければなりません。そのため、理解するのに時間がかかり、効率は悪いです。

宅建の受験日(毎年10月の第3日曜日)までにあまり時間がない方は、効率の悪い方法で勉強していると、間に合わないかもしれません。

まとめ

独学のメリットは、お金を掛けずに、マイペースに勉強ができること。デメリットは、勉強方法としては効率が悪く、挫折しやすい傾向にあること。

受験日までの期間が少なく、また、勉強時間をなかなか確保できない方は、独学だと厳しいかもしれません。時間に余裕のある方は、独学でも合格が望めます。

宅建おすすめテキスト
【独学向け】宅建おすすめテキスト7選~マンガ+参考書+過去問

【2019年版】宅建士(宅地建物取引士)の資格試験に独学でチャレンジする人のための、おすすめのテキストをご紹介します。テキストは、「漫画」「参考書」「問題集」に分けてご紹介します。2019年度の宅建士の資格にチャレンジする人は、ぜひ参考にしてください。

続きを見る

あなたにおすすめ

独学で宅建の勉強をするメリット・デメリット
独学で宅建の勉強をするメリット・デメリット

宅建(宅地建物取引士)の資格試験に独学で勉強するメリット・デメリットを整理しました。スクールや通信講座などを利用せず、独学で勉強しようと考えている方はご参考にしてください。

宅建の勉強方法
【比較】宅建士の勉強は「独学」「通信講座」「スクール」どれが良いか?

宅建士(宅地建物取引士)の勉強方法として、「独学で勉強する」「スクールに通う」「通信講座を受講する」の3つが考えれます。どの勉強方法が良いのか?それぞれのメリット・デメリットをまとめました。宅建の資格試験に臨む方はぜひ参考にしてください。

スクールに通って宅建の勉強をするメリット・デメリット
スクールに通って宅建の勉強をするメリット・デメリット

全国に点在する宅建(宅地建物取引士)のスクール(学校)に通って資格試験に臨むメリット・デメリットをまとめました。「資格の大原」「大栄」「四谷学院」などの宅建講座に通おうか迷っている方は参考にしてください。

【経験者向け】テキストを使った宅建の勉強のコツ
【経験者向け】テキストを使った宅建の勉強のコツ

ある程度、宅建に関連した知識のある人に向けて、独学で宅建(宅地建物取引士)に受かるための、テキストを使った勉強のコツをご紹介します。


フォーサイトで宅建士を目指しませんか?

宅建の勉強なら、合格率が全国平均の4.54倍の「フォーサイト」にお任せ!88.4%が満足した充実のカリキュラムが、あなたを合格に導きます。

\2019年試験まであと/
--時間---試験は終了しました

▼今すぐ資料請求(無料)

-宅建
-

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.