就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

【解説】宅地建物取引士(宅建)ってどんな資格?

宅建とは

「宅建」とは?

宅建や宅建士とは「宅地建物取引士」の略称で、国家資格にあたります。不動産業界をはじめとした多種多様な業界で必要とされています。

試験概要

受験資格制限なし
試験内容マークシート方式の四肢択一
試験日例年10月の第3日曜日
試験会場全国の約200会場
受験費7,000円

受験資格

宅建士になるためには、資格試験に合格しなければなりません。この資格試験は、例年10月の第3日曜日に行われます。

受験資格は特にありません。実務経験などは一切問われないため、だれでもチャレンジしやすい資格です。

資格試験の特徴

宅建の資格試験の難易度は高めですが、記述式がなく、四肢択一のマークシート方式なので受験はしやすいです。

合格ラインは50問のうち、約35問を正解すること。出題される問題は過去問と類似しているので、試験に出やすいポイントを絞って勉強すれば、初学者でも受かる可能性が高いのが特徴です。

宅建の難易度

宅建の難易度

宅建の資格試験に合格するのは簡単ではありません。合格率は15%と低いことからも、難易度の高さが伺えます。

資格試験は四肢択一のマークシート形式で、2時間で全50問を解きます。合格の目安としては、約70%以上を正解すること。

「たったの50問を、マークシートの4択で答えるだけ」と聞くと簡単そうですが、難易度は高いので甘く見ると痛い目に遭います。

テキストなどの参考書を手にすれば分かりますが、不動産業界以外の人であれば専門用語の多さに圧倒されるでしょう。

宅建の難易度
宅建は難しい?試験の難易度と合格率を詳しく解説

宅建(宅地建物取引士)はどのくらい難しいのか?独学で合格するのは難しいのか?合格率はどれくらいなのか?について解説します。

続きを見る

宅建の勉強時間

宅建の勉強時間

宅建の参考書などで調べてみると、宅建の勉強時間は100~500時間と幅があるようです。個人の能力によっても大きく差が開きますが、最低でも300時間は必要そうですね。

宅建に合格するために必要な勉強時間が300時間だとすると、1日に平均して2時間勉強すると150日は必要です。「150日」というと、学習期間は「5カ月間」です。

宅建の試験日は毎年10月の第3日曜日なので、5月から勉強するのが良いですね。

宅建の勉強時間
宅建の合格までに必要な勉強時間はどのくらい?

宅建の資格試験に合格するために必要な勉強時間の目安と、勉強の方法をご紹介します。

続きを見る

宅建を取るメリット

宅建を取得するメリット

宅建のメリットは、

  1. 就職に有利になる
  2. 職務手当が出る
  3. 私生活でも役立つ

の3つあり、取得する意味は十分にあると言えます。

宅建士には、有資格者にしかできない業務があるため、就転職には必ず有利になります。有資格者には職務手当やボーナスアップなどの手当てを付けている企業も少なくありません。

私生活では、住宅の購入や賃貸契約で宅建の知識が役に立ちます。

宅建を取得するメリット
意味あるの?宅建を取得する3つのメリット

宅建(宅地建物取引士)の資格を取得しておくと、就転職に有利になります。職務手当やボーナスアップも期待できるでしょう。私生活では、住宅の購入や賃貸契約で宅建の知識が役に立ちます。

続きを見る

宅建が有利になる就職先

宅建の就職先とメリット

宅建を持っていると有利な就職先は次の通り。

  • 金融機関
  • 保険会社
  • 小売り業
  • 不動産業界
  • 建築業界

「宅建」と聞くと、宅地や建物の売買や賃貸を行っている不動産や住宅、建築業界などの就職先が思いつきますが、実はそれ以外の業界でも必要とされているのです。

宅建は就職に有利か
宅建はどんな就職先に有利になるのか?

宅建(宅地建物取引士)の資格を取ると、どんな就職先に有利となるのか?

続きを見る

宅建の勉強法

宅建の勉強方法

宅建士(宅地建物取引士)の勉強方法として

  1. 独学
  2. スクール
  3. 通信講座

の3つが挙げられます。

独学で勉強する

独学は時間や場所などの制限を受けず、お金を掛けずに勉強ができるメリットがあります。一方で、挫折しやすいなどのデメリットがあります。

独学で宅建の勉強をするメリット・デメリット
独学で宅建の勉強をするメリット・デメリット

宅建(宅地建物取引士)の資格試験に独学で勉強するメリット・デメリットを整理しました。スクールや通信講座などを利用せず、独学で勉強しようと考えている方はご参考にしてください。

続きを見る

スクールで勉強する

スクールに通うメリットは、指導してくれる講師がいるため効率よく勉強ができ、モチベーションを維持しやすい点にあります。デメリットは、お金がかかり、通学が大変なこと。時間の融通も利きにくいです。

スクールに通って宅建の勉強をするメリット・デメリット
スクールに通って宅建の勉強をするメリット・デメリット

全国に点在する宅建(宅地建物取引士)のスクール(学校)に通って資格試験に臨むメリット・デメリットをまとめました。「資格の大原」「大栄」「四谷学院」などの宅建講座に通おうか迷っている方は参考にしてください。

続きを見る

通信講座で勉強する

通信講座は、モチベーションを維持しやすく、比較的マイペースに勉強できること。添削もあるので、疑問点も解決できるメリットがあります。

デメリットは、添削には時間が掛かるため、疑問点があってもすぐに解決できないこと。また、独学と比べると費用が掛かってしまいます。

通信講座(通信教育)で宅建の勉強をするメリット・デメリット
通信講座(通信教育)で宅建の勉強をするメリット・デメリット

宅建(宅地建物取引士)の通信講座で勉強して資格試験に臨むメリット・デメリットをまとめました。「ユーキャン」「たのまな」「フォーサイト」などの通信講座を受講しようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

続きを見る

宅建のおすすめテキスト

独学で宅建の勉強をするメリット・デメリット

宅建の勉強をするときは、

  1. まず、「漫画」で全体を把握
  2. 次に、「参考書」で知識を深める
  3. さいごに、「過去問」を繰り返し解く

といった手順で勉強するのがおすすめです。

実際に書店に行くと、宅建関連のテキストが豊富に見つかります。相性もあるので、実際に手に取って見て、判断するのがおすすめです。

個人的におすすめのテキストは、以下の記事で紹介しています。

宅建おすすめテキスト
【独学向け】宅建おすすめテキスト7選~マンガ+参考書+過去問

【2019年版】宅建士(宅地建物取引士)の資格試験に独学でチャレンジする人のための、おすすめのテキストをご紹介します。テキストは、「漫画」「参考書」「問題集」に分けてご紹介します。2019年度の宅建士の資格にチャレンジする人は、ぜひ参考にしてください。

続きを見る

宅建の将来性は?

宅建の将来性はあります。

不動産業界は景気に左右されますが、日本国内での土地の売買はとどまることがありません。土地の売買がなくならない限り、宅建士の需要がなくなることはありません。

今から取得を目指しても遅くはないので、ぜひチャレンジしてみてください。

宅建の就職の将来性
宅建は資格としての将来性はあるのか?

宅建(宅地建物取引士)は資格としての将来性はあるのか?ないのか?ご紹介します。宅建の資格を取ろうと考えいている方のご参考になれば幸いです。

続きを見る

宅建を取得するメリット

宅建

2019/5/21

意味あるの?宅建を取得する3つのメリット

宅建(宅地建物取引士)の資格を取得しておくと、就転職に有利になります。職務手当やボーナスアップも期待できるでしょう。私生活では、住宅の購入や賃貸契約で宅建の知識が役に立ちます。

宅建の就職の将来性

宅建

2019/5/21

宅建は資格としての将来性はあるのか?

宅建(宅地建物取引士)は資格としての将来性はあるのか?ないのか?ご紹介します。宅建の資格を取ろうと考えいている方のご参考になれば幸いです。

宅建

2019/5/21

【初学者向け】テキストを使った宅建の勉強のコツ

今年からはじめて宅建(宅地建物取引士)の勉強をスタートさせる方に向けて、独学で宅建に受かるための、テキストを使った勉強のコツをご紹介します。

【経験者向け】テキストを使った宅建の勉強のコツ

宅建

2019/5/21

【経験者向け】テキストを使った宅建の勉強のコツ

ある程度、宅建に関連した知識のある人に向けて、独学で宅建(宅地建物取引士)に受かるための、テキストを使った勉強のコツをご紹介します。

宅建の勉強方法

宅建

2019/5/21

【比較】宅建士の勉強は「独学」「通信講座」「スクール」どれが良いか?

宅建士(宅地建物取引士)の勉強方法として、「独学で勉強する」「スクールに通う」「通信講座を受講する」の3つが考えれます。どの勉強方法が良いのか?それぞれのメリット・デメリットをまとめました。宅建の資格試験に臨む方はぜひ参考にしてください。

通信講座(通信教育)で宅建の勉強をするメリット・デメリット

宅建

2019/5/21

通信講座(通信教育)で宅建の勉強をするメリット・デメリット

宅建(宅地建物取引士)の通信講座で勉強して資格試験に臨むメリット・デメリットをまとめました。「ユーキャン」「たのまな」「フォーサイト」などの通信講座を受講しようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

スクールに通って宅建の勉強をするメリット・デメリット

宅建

2019/5/21

スクールに通って宅建の勉強をするメリット・デメリット

全国に点在する宅建(宅地建物取引士)のスクール(学校)に通って資格試験に臨むメリット・デメリットをまとめました。「資格の大原」「大栄」「四谷学院」などの宅建講座に通おうか迷っている方は参考にしてください。

独学で宅建の勉強をするメリット・デメリット

宅建

2019/5/21

独学で宅建の勉強をするメリット・デメリット

宅建(宅地建物取引士)の資格試験に独学で勉強するメリット・デメリットを整理しました。スクールや通信講座などを利用せず、独学で勉強しようと考えている方はご参考にしてください。

宅建の難易度

宅建

2019/5/21

宅建は難しい?試験の難易度と合格率を詳しく解説

宅建(宅地建物取引士)はどのくらい難しいのか?独学で合格するのは難しいのか?合格率はどれくらいなのか?について解説します。

宅建は就職に有利か

宅建

2019/5/21

宅建はどんな就職先に有利になるのか?

宅建(宅地建物取引士)の資格を取ると、どんな就職先に有利となるのか?

宅建の勉強時間

宅建

2019/5/21

宅建の合格までに必要な勉強時間はどのくらい?

宅建の資格試験に合格するために必要な勉強時間の目安と、勉強の方法をご紹介します。

宅建おすすめテキスト

宅建

2019/5/21

【独学向け】宅建おすすめテキスト7選~マンガ+参考書+過去問

【2019年版】宅建士(宅地建物取引士)の資格試験に独学でチャレンジする人のための、おすすめのテキストをご紹介します。テキストは、「漫画」「参考書」「問題集」に分けてご紹介します。2019年度の宅建士の資格にチャレンジする人は、ぜひ参考にしてください。

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.