就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

色彩検定

勉強効率アップ!色彩検定のテキストの活用術

更新日:

勉強効率アップ!色彩検定のテキストの活用術

色彩検定の試験に受かるためには、テキストを使った勉強が欠かせませんね。

そこでこの記事では、ちょっとした工夫で色彩検定の勉強効率がグッと上がるテキストの活用法をご紹介します。独学で受験する方の参考になれば幸いです。

色彩検定のテキストの活用術

色彩検定のテキストを活用する術は、

  1. ノートを使わない
  2. テキストだけに集中する
  3. 覚えたところに線を引く

の3つ。この方法で勉強の効率が上がりました。

ノートを使わない

一般的に、勉強をするときはノートを買って、覚えたことをノートにメモすると思います。

ですが、色彩検定の勉強をするときにノートは使わなくて良いです。理由は、ノートを作ると、「ノートにきれいにまとめること」が仕事になってしまい、勉強に集中できないからです。

社会人であれば勉強時間は1秒でも惜しいところ。効率の悪い勉強方法は今すぐやめましょう。

[スポンサーリンク]

テキストだけに集中する

色彩検定の勉強をするために、テキストを買うと思います。勉強するときは、このテキストにいろいろ書き込みましょう。

もしノートを作ってしまうと、テキストとノートを交互に見る必要があり、これだと効率が悪く時間の無駄です。テキストに自分なりの解説や要点を書きこむことで、効率よく勉強が進められます。

テキストにアンダーラインを引いたり、分からない部分は補足事項を直接メモします。余白が足りなければ、付せんを貼って付け足すなどの工夫をすると良いでしょう。

覚えたところに線を引く

勉強のときに、重要なところに線(アンダーライン)を引く人は多いと思いますが、重要な語句にマーカーを引くと、覚えた気になってしまい頭に入りません。

逆に、覚えたところをどんどん線で塗りつぶしていくことで、分からなかった部分が明確になり、復習の時の効率が良くなります。

重要な部分ではなく、覚えたところに線を引き、効率よく勉強しましょう。

まとめ

色彩検定を独学で勉強する方のために、効率がアップするテキストの活用術をご紹介しました。

ポイントをもう一度まとめると、

  1. ノートを使わない
  2. テキストだけに集中する
  3. 覚えたところに線を引く

の3つ。ぜひ実践してみてくださいね。

色彩検定のおすすめテキスト
色彩検定の試験勉強に役立ったおすすめテキスト

色彩検定3級・2級に合格するためのおすすめのテキスト(参考書と過去問)をそれぞれご紹介します。テキスト選びのポイントもご紹介するので、色彩検定を独学で受験する方はぜひ参考にしてください。

続きを見る

あなたにおすすめ

色彩検定は3級でも履歴書に書くべきなのか?
色彩検定は3級でも履歴書に書くべきなのか?

合格率が高く難易度としては低い「色彩検定3級」は、履歴書に書くレベルのものなのか?について解説します。色彩検定3級を持っている方は、ぜひ参考にしてください。また、色彩検定を履歴書に書くときのポイントもご紹介します。

色彩検定の独学のポイント
色彩検定に独学で合格するための勉強時間と計画の立て方

色彩検定3級・2級に合格するため必要な勉強時間の目安をご紹介します。

色彩検定とカラーコーディネーターの違い
「色彩検定」と「カラーコーディネーター」の違いは?取るならどっち?

「色彩検定」と「カラーコーディネーター」はまったく別の検定ですが、何がどう違うのか?どっちを取得するのが良いのか?解説します。

「カラーコーディネーター」と名乗るために資格は必要?
「カラーコーディネーター」と名乗るために資格は必要?

「カラーコーディネーター」と名乗ったり、名刺に記載する際には、色彩検定やカラーコーディネーター検定に合格している必要があるのか?検定に合格していなくても肩書を名乗れるのか?解説します。


フォーサイトで合格を目指しませんか?

色彩検定・カラーコーディネーターの勉強なら、高い合格率を誇る「フォーサイト」にお任せ!88.4%が満足と回答した充実のカリキュラムが、あなたを合格に導きます。

\2019年夏季検定まであと/
--時間---夏季検定は終了しました

▼今すぐ資料請求(無料)

-色彩検定
-

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.