就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

20代

「ビジネス実務法務検定」とは?

  1. おすすめ資格ガイド >
  2. おすすめの資格 >
  3. 20代 >

「ビジネス実務法務検定」とは?

20代のうちに取得しておきたい資格の1つに「ビジネス実務法務検定」があります。この記事では、ビジネス実務法務検定とはどんな資格なのか?取得のメリットは?などご紹介します。

「ビジネス実務法務検定」とは?

ビジネス実務法務検定(通称:ビジ法)とは、実際のビジネスシーンに即した法律知識を習得する、「仕事の法律の入門」です。

"ビジ法"は、法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識が習得できます。

出典:ビジネス実務法務検定試験® | この検定の魅力

仕事の法律なので、業種を問わず、働くすべての人が知っておくべき法律の知識を学べます。

ビジネス実務法務検定の階級

ビジネス実務法務検定には1~3級があります。それぞれの試験に合格すると、以下の称号が付与されます。

  • 1級合格者:ビジネス法務エグゼクティブ
  • 2級合格者:ビジネス法務エキスパート
  • 3級合格者:ビジネス法務リーダー

3級は、学生や20代の若い社会人が働くうえで知っておいた方が良い、業務上理解しておくべき法律知識の基礎を学べるレベルです。まずは3級の取得を目指し、ステップアップとして2級の取得を目指しましょう。

ビジネス実務法務検定を取得するメリット

ビジネス実務法務検定を取得するメリットは、ビジネス必須の知識を得られることに尽きます。

仕事の場面では、取引先との契約内容に不備や不利益がないか発見し、正しい判断をするときに役立ちます。また、第三者から不法行為を受けたときの解決などにも役立ちます。

法律は、知らなければ損をし、知っていれば得をします。自分自身や企業を守るためにも、20代のうちにビジネスパーソンのベースとなる知識を身に付けるためにも、ビジネス実務法務検定を取得しておきましょう。

まとめ

ビジネス実務法務検定は、実際のビジネスシーンに即した法律知識を習得する資格です。

働くうえで知ったおいた方が良い知識が身に付くので、20代のうちに受験しておくことをおすすめします。勉強は、公式テキストと問題集があるので、それぞれを購入し、当日までしっかり勉強しましょう。

-20代

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.