就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターのテキスト選びのポイント

カラーコーディネーターのテキスト選びのポイントは、

  1. ビジュアルの多いテキストを選ぶ
  2. 3級のテキストから勉強をはじめる
  3. 仕上げに過去問で内容整理

の3つ。具体的に見ていきましょう。

テキスト選びのポイント3つ

ビジュアルの多いテキストを選ぶ

カラーコーディネーターのテキストを選ぶときに最も重要なのが、図・表やイラストなどのビジュアルの量。ビジュアルが少ないと単調で勉強に飽きてしまうし、難易度の高い2級では挫折します。

図やイラストが多用されているテキストは、理解がしやすく記憶に残りやすいメリットもあります。イラストと関連付けて覚えられるので、何かを思い出すときに「あの図はこれを意味していたな」と言った具合に役立ちます。

特に、幅広い知識が問われるカラーコーディネーター2級の試験で、膨大な量を記憶するときに便利です。

3級のテキストから勉強をはじめる

「私は2級だけ受けるから、3級のテキストは買わない」という考え方は間違い。

カラーコーディネーター2級のテキストには、大事な基礎の詳しい説明が抜けているのです。業界未経験者で基礎知識に自信がない人や、はじめて受験する場合は3級のテキストで一から勉強しましょう。

すでに3級の資格を持っていれば不要ですが、取得をしてから時間がたっている人も基礎を見直しましょう。2級のテキストで分からなくなったときの参考書としても活用できます。

仕上げに過去問で内容整理

いくらテキストを素読みしても、いざカラーコーディネーターの試験で問題を解くと、意外と分からないことが多くて合格ラインに達しません。

3級であれば公式テキストを熟読する程度でも合格できますが、理解を深めるためには過去問で傾向と自分の弱点を整理しましょう。2級なら必須です。

カラーコーディネーターのテキスト
コレで合格!カラーコーディネーターのおすすめテキスト

カラーコーディネーター検定3級と2級を受験する人に向けて、おすすめのテキストをご紹介します。独学でカラーコーディネーター検定を勉強する人は、ぜひ参考にしてください。

続きを見る

あなたにおすすめ

色彩検定とカラーコーディネーターの違い
「色彩検定」と「カラーコーディネーター」の違いは?取るならどっち?

「色彩検定」と「カラーコーディネーター」はまったく別の検定ですが、何がどう違うのか?どっちを取得するのが良いのか?解説します。

カラーコーディネーターの難易度
カラーコーディネーターの難易度と勉強時間の目安

カラーコーディネーター2級・3級の試験の難易度と、合格するための勉強時間について解説します。

カラーコーディネーターの独学のポイント
未経験者がカラーコーディネーターを独学で合格する方法

カラーコーディネーター3級と2級の検定試験に独学で挑戦する人のために、合格率や勉強時間、勉強のコツなどをご紹介します。カラーコーディネーター検定試験の未経験者はぜひ参考にしてください。

カラーコーディネーターの仕事
カラーコーディネーター検定の取得が役立つ就職先は?

カラーコーディネーターの資格が活かせる就職先の例と、仕事内容をご紹介します。


フォーサイトで合格を目指しませんか?

色彩検定・カラーコーディネーターの勉強なら、高い合格率を誇る「フォーサイト」にお任せ!88.4%が満足と回答した充実のカリキュラムが、あなたを合格に導きます。

\2019年冬季検定まであと/
--時間---冬季検定は終了しました

▼今すぐ資料請求(無料)

-カラーコーディネーター
-

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.