カラーコーディネーター

【履歴書】カラーコーディネーター「スタンダード」「アドバンス」の正式名称は?

  1. おすすめ資格ガイド >
  2. カラーコーディネーター >

【履歴書】カラーコーディネーター「スタンダード」「アドバンス」の正式名称は?

東京商工会議所の「カラーコーディネーター検定」には、「スタンダードクラス」「アドバンスクラス」の2階級あります。検定に合格し履歴書や名刺などに記載したい方は、正式名称は何なのか?迷うことでしょう。

また、名称が変わったことで、2019年まであったカラーコーディネーター検定3級・2級・1級の称号は使えるのか?疑問に思う方も多いことでしょう。

この疑問について、東京商工会議所に電話で聞いて解決しましたのでご紹介します。

「スタンダード」「アドバンス」の正式名称は?

カラーコーディネータースタンダードクラスの名刺への記入例

「東京商工会議所」は長かったら省略しても良い

東京商工会議所によると、新しい「スタンダードクラス」「アドバンスクラス」の正式名称は特に定めていないそうです(電話で確認した2020年6月時点)。

ですので、履歴書や名刺に書く際は

  • 東京商工会議所 カラーコーディネーター検定スタンダードクラス
  • 東京商工会議所 カラーコーディネーター検定アドバンスクラス

などと書けば良いそうです。

今後、東京商工会議所が定める可能性もあるので、公式サイトを随時チェックしましょう。

3級・2級・1級の称号は使える?

カラーコーディネーター2級の名刺への記入例

以前の称号は2020年以降も使える

2019年度までのカラーコーディネーター検定は、3級・2級・1級の3階級でした。

名称が変わったことで、以前の名称は使えなくなったのか?心配する方もいると思いますが、安心してください。電話で確認したところ、2020年度以降も引き続き従来の称号は利用できるとのことです。

履歴書に書く際は、以下のようになります。

  • 1級合格者
    • 1分野 1級カラーコーディネーター「ファッション色彩」
    • 2分野 1級カラーコーディネーター「商品色彩」
    • 3分野 1級カラーコーディネーター「環境色彩」
  • 2級合格者
    • 2級カラーコーディネーター
  • 3級合格者
    • アシスタント・カラーコーディネーター

公式サイトにも詳しく掲載されています。

合格者称号付与(1・2・3級)について

まとめ

東京商工会議所の「カラーコーディネーター検定」には、「スタンダードクラス」「アドバンスクラス」の2階級あります。正式名称は特に決まっていないそうなので、検定に合格した方で履歴書や名刺などには、「カラーコーディネーター検定〇○クラス」と記載すれば良いでしょう。また、以前の称号は引き続き使えます。

関連記事
カラーコーディネーター「スタンダード」「アドバンス」の違いは?

東京商工会議所の「カラーコーディネーター検定」が、2020年より「スタンダードクラス」「アドバンスクラス」の2階級に変更となりました。この2つのクラスは何が違うのか?解説します。

続きを見る

あなたにおすすめ

-カラーコーディネーター

© 2020 おすすめの資格ガイド