就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

保育士

保育士資格を学校に通って取得するメリット・デメリット

  1. おすすめ資格ガイド >
  2. 保育士 >

保育士資格を学校に通って取得するメリット・デメリット

保育士の資格は、「保育関連の学校を卒業する」か、「保育士試験に合格する」ことで、取得ができます。

このうち、保育関連の学校に通って保育士資格を取得するメリット・デメリットについてご紹介します。保育の学校に通うおうと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

保育士学校の特徴

保育士の資格を取得できる学校は、保育園を管轄する厚生労働省が指定する養成校(学校)を卒業する必要があります。

資格が取れる学校の例

  • 4年制大学の保育士養成課程
  • 短期大学の保育士養成課程
  • 専門学校の保育士養成課程
  • 保育士養成施設

それぞれの学校において、保育士の資格を習得できる学部・学科で所定の単位を取得して卒業します。卒業をすれば、筆記試験実技試験などのテストを受ける必要なく、保育士資格が取れます。

入学の条件

保育士の学校に入学するのには条件があります。

  • 高校卒業
  • 高校卒業と同等の資格がある
  • 通常課程の12年間の学校教育を修了してる

以上の1つに該当していれば入学の資格があります。

「高校卒業と同等の資格」とは、高校を中退した人でも、高卒と同じくらいの学力があることを示す「大学入学資格検定(大検)に合格している」ことを指します。

卒業までの期間

学校によって保育士になれるまでの期間が異なります。

4年制大学昼間部の4年
短期大学昼間部の2~3年
夜間部の3年
専門学校昼間部の2年
夜間部の3年

大学は4年制なので比較的ゆっくり学べます。在学期間が長いだけに学費は高額ですが、その分、保育士に関連した資格が多く取得でき、知識もしっかり身に付きます。

短期大学や専門学校は、短い期間で取得ができます。夜間のクラスも充実しているため、働きながら保育士を目指す人にもおすすめの取り方です。

保育士学校に通うメリット

  • 卒業すれば資格が取れる
  • 保育士の仲間ができる
  • 実践的な経験を積める

卒業すれば資格が取れる

保育士学校に通えば、保育士試験を受けることなく資格を取得できます。保育士試験は合格率10%前後と難関なので、これが免除されるのはうれしいですね。

保育士の仲間ができる

在学中は保育士を目指す仲間に出会え、一緒に保育士を目指します。仲間がいることでモチベーションを維持しながら学べますし、卒業後も保育士のネットワーク(コネクション)が役に立ちます。

実践的な経験を積める

在学中はいろんな幼稚園・保育園に行く実習があるので、実践的な経験が積めます。

保育士学校に通うデメリット

  • お金が掛かる
  • 時間が掛かる

保育士学校に通うのにはお金が掛かります。2年間で取得できる専門学校や短期大学に行くとしても、卒業までに必要な学費は150~200万円以上と高額。

決して安い学費ではないので、具体的な費用や卒業後の進路などは、各学校の資料をしっかりチェックすることが重要です。

まとめ

保育士学校に通うにはお金と時間が掛かりますが、保育士試験を受けることなく、卒業と同時に保育士資格が取得できます。

もし金銭面が気になるなら、職業訓練なども活用しましょう。

職業訓練で保育士の資格を無料で取得する方法
職業訓練で保育士の資格を無料で取得する方法

保育士の資格が無料で取得できる「職業訓練」についてご紹介します。保育士資格を取得するには、独学で保育士試験に合格するか、保育の短大・専門学校を卒業するのが一般的ですが、職業訓練を利用した取得方法もあります。この記事では、職業訓練とは何か?どんな人が対象か?解説します。

続きを見る

あなたにおすすめ

どんな就職先がある?保育士資格取得後に働ける場所の例
どんな就職先がある?保育士資格取得後に働ける場所の例

保育士資格を取得すると、どんな就職先があるのか?これから保育士資格を取得しようと考えている方はもちろん、すでに資格を取得した方もご参考にしてください。 保育士の就職先の例 保育士の就職先の一例は次の通 ...

職業訓練の保育士コースに合格するには?ポイントはこの3つ
職業訓練の保育士コースに合格するには?ポイントはこの3つ

「職業訓練」のコースの中には、保育士資格を取得するための科目があり、応募する際「書類審査」と「面接」があります。この記事では、職業訓練の保育士コースに合格するポイントを3つご紹介します。

保育士試験に独学で合格するためのポイント4つ
保育士試験に独学で合格するためのポイント4つ

保育士の試験に独学で勉強して合格を目指す人のために、試験に合格するポイントを4つご紹介します。

保育士の筆記試験と実技試験の対策まとめ
保育士の筆記試験と実技試験の対策まとめ

保育士の資格試験のポイントをまとめました。


たのまなで保育士を目指しませんか?

保育士試験の勉強なら「たのまな」の保育士【完全合格】講座にお任せ!分かりやすいオリジナル教材で合格に必要なノウハウが学べるのはもちろん、キャリアサポートもあるので保育士デビューまでサポートしてくれます。

\2019年後期筆記試験まであと/
--時間---後期筆記試験は終了しました

▼今すぐ資料請求(無料)

3年目の試験までサポート

-保育士
-

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.