おすすめの資格

就職や転職のときにアピールできるおすすめ資格3選

  1. おすすめ資格ガイド >
  2. おすすめの資格 >

就職や転職のときにアピールできるおすすめ資格3選

就職を控えている大学生や転職を考えている社会人に向けて、就転職に役立つおすすめの資格を3つに絞ってご紹介します。

宅建士(宅地建物取引士)

就職や転職のときにアピールできる「宅建士」

宅地建物取引士(略して宅建士)」は、不動産売買や賃貸の仲介に不可欠な国家資格です。

土地や建物の売買などを行う事務所では、5人に1人以上の割合で宅建士の設置が義務付けられているので、不動産業界に就転職する際に有資格者は有利。

宅建士の資格を取得すると「職能手当」が付くケースも多いので、月収やボーナスが上がる可能性も期待できます。

また、不動産業界だけではなく、金融機関や外食業界などにも活かせます。

宅建の勉強時間
宅建は独学でどのくらいの勉強時間が必要か?

宅建の資格試験に合格するために必要な勉強時間の目安と、勉強の方法をご紹介します。

続きを見る

簿記検定

就職や転職のときにアピールできる「簿記検定」

簿記とは、帳簿をつけるために必要な技能のこと。簿記検定では、「会計」や「財務」の知識を身に付けられます。

資格を取得して履歴書に記載すると、「この人は経理の基礎が分かっている人だ」とアピールでき、就転職に有利。就職先としては、経理や事務はもちろん、あらゆる業種が考えられます。

他の資格と比べても短時間で取得が目指せるうえ、年に3回も試験が行われているので、取得のしやすい資格です。

TOEIC

就職や転職のときにアピールできる「TOEIC」

国際コミュニケーション英語能力テスト(通称:TOEIC)とは、英語を母語としない者を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験です。

近年、日本企業のグローバル化が進み、どの企業も世界で通用する人材が求められています。こういった背景があるなかで、英語のコミュニケーションスキルを持っていることを証明できると有利です。

TOEICは、試験のスコア(点数)が高ければ高いほど、英語のスキルがあることを就転職でアピールできます。

まとめ

就転職で役に立つ実用的な資格は次の3つ。

  1. 宅建士(宅地建物取引士)
  2. 簿記検定
  3. TOEIC

不動産業界に興味があるなら「宅建士」がおすすめです。経理や事務に興味があるなら「簿記検定」の取得を目指してみてください。3級でも良いですが、実用的なのは2級からです。グローバルな視点があるなら、TOEICでハイスコアを目指してみてください。

あなたにおすすめ

-おすすめの資格
-

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2020 All Rights Reserved.