就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

おすすめの資格

料理の仕事に就職したい人におすすめの資格4選

  1. おすすめ資格ガイド >
  2. おすすめの資格 >

料理の仕事に就職したい人におすすめの資格4選

料理の仕事に就職したい人に向けて、就職先で必ず役に立つ実践的な資格をご紹介します。将来、料理の道のプロとして活躍したい方はぜひチェックしてください。

フードコーディネーター

フードコーディネーター

フードコーディネーターとは、テレビ番組や雑誌などの料理シーンの制作から、レストランのプロデュースなどに携わることができる資格です。

資格を取得してすぐにフードコーディネーターとして活躍するのは難しいですが、経験を積むと独立できる可能性があります。

調理師

調理師

和食、洋食、中華などの調理全般と、食品の栄養や衛星管理などを学ぶ資格です。

「調理師」と聞くとレストランなどの飲食店が就職先として思い浮かびますが、学校や会社の食堂、病院などの幅広い活躍が期待できます。

個人で飲食店を開くことも可能なので、オーナーやシェフとして活躍したい人にもおすすめ。また、自宅で料理教室を開くこともできます。

資格を取得するまでの道のりは、「調理師の養成校を卒業する」か「試験に合格する」の2パターン。

確実に取得を目指すなら、養成校に通うことをおすすめします。1年で取得できる学校もあり、在学中は料理のプロを目指す人たちのネットワークを広げられるでしょう。

栄養士

栄養士

栄養士は、食育や食生活の相談など、食のアドバイザーとして活躍します。

主な仕事は、学校や企業の食堂の栄養指導から、献立の作成です。最近では、スポーツジムでの食生活の指導にあたることも。

資格を取る方法は、栄養士の養成校を卒業する必要があります。4年生の大学などがありますが、最短で取得をするなら2年の短大か専門学校がおすすめ。卒業して栄養士となれば、管理栄養士の取得も目指せます。

製菓衛生師

製菓衛生師

ケーキやデザートなどをつくるための技術と能力を身に付け、製造過程での安全を管理するための資格です。

製菓衛生師になるためには、各都道府県で実施される試験に合格する必要があります。

取得をするとパティシエとして活躍できます。パティシエ自体はこの資格がなくても就職できる職業ですが、一人前を目指すなら持っておきたいところです。

就職先は、製菓メーカーやお菓子の専門店、ホテルやレストランなど。菓子教室を開きたい人にもおすすめです。

まとめ

料理の仕事に就職したい人におすすめの資格は次の4つ。

  1. フードコーディネーター
  2. 調理師
  3. 栄養士
  4. 製菓衛生師

どの資格も取得は簡単ではありませんが、多くの企業や施設から需要のある資格です。興味のある資格があったら、取得を検討してみてください。

食や料理が趣味の主婦におすすめの役立つ資格5選

日本人にとって、食は関心の高い分野。料理に興味がある主婦であれば、「何か資格を取得したい!」と考えるのではないでしょうか? そこでこの記事では、食や料理に興味がある主婦の方向けに、取得すると役に立つお ...

続きを見る

あなたにおすすめ

-おすすめの資格
-

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.