就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

2019年2月更新

宅建の合格までに必要な勉強時間と勉強方法の比較

更新日:

宅建の勉強時間

宅建の勉強方法の比較

宅建の勉強方法

宅建の合格で重要なのは、勉強時間だけではありません。いくら勉強時間を費やしても、効率が悪かったり勉強の仕方が間違っていれば意味がありません。

確保できる勉強時間や金銭面なども考えて、自分にピッタリな方法を見極めましょう。

独学のメリットとデメリット

  • マイペースでできる
  • コストがかからない
  • 挫折しやすい
  • 効率が悪い

宅建の合格率は15~17%と難しく思われますが、参考書や問題集が充実しているため、独学でも十分に合格が狙えます。

独学のメリットは勉強時間や場所の制約がないため、マイペースに取り組めます。費用はテキストの購入くらいなので、通信講座などと比べてもコストがかかりません。

参考書や問題集を選ぶ場合は、「宅建のおすすめのテキスト」の記事もチェックしましょう。

独学のデメリットは、挫折しやすい点にあります。一緒に勉強する仲間もいないので、孤独と戦う日々が続きます。宅建の勉強時間は比較的長いため途中で嫌になる人も。効率も悪く、無駄な勉強時間が増えます。

スクールのメリットとデメリット

  • 勉強時間のムダがない
  • モチベーションが高い
  • 勉強時間の融通が利かない
  • コストが高い

スクールの最大のメリットは、宅建の勉強時間の短縮です。合格のために必要な知識のみ学ぶことができ、疑問も講師に聞けば分かりやすく解説してくれます。

1人で勉強するのが苦手な人も、一緒に勉強する仲間がいることでモチベーションが下がりにくくなります。

スクールのデメリットは、勉強時間の融通が効かないので休むと授業内容についていけないことです。残業が多くて仕事終わりに行けなかったとなると、お金がムダになる危険も。

もう一つは、コストが高い点にありますが、逆に言えば「高いお金を払っているので宅建に絶対に合格する」とやる気につながるでしょう。

通信講座のメリットとデメリット

  • 比較的マイペース
  • 添削がある
  • 疑問解決まで時間がかかる
  • 挫折の可能性も

通信講座のメリットは、スクールに通う必要がないので時間と場所を選ばず、比較的マイペースに宅建の勉強時間をつくれます。

宅建の試験は専門用語ばかりで難しいですが、分からないことがあれば添削してもらえるのも通信講座のメリット。独学に近い形で、自分のライフスタイルを崩さないで学べます。

通信講座のデメリットは、気になることや疑問点がすぐに解決できないことです。リアルタイムで講師に質問ができないので、勉強時間のムダが出ます。

モチベーションを維持するのも難しいですが、独学では不安だけど、忙しくてスクールに通う勉強時間がとれない方におすすめです。

まとめ

宅建の勉強時間は、300時間くらいが必要です。独学であれば5月ごろからスタートして、1日に2時間も取り組めば合格を見込めます。

勉強時間を確保するのは大変ですが、学校や仕事の前後にカフェやレストランで学習するのが良いでしょう。家よりも人目につく場所の方が勉強に専念できます。休日はお金のかからない図書館がおすすめ。

7月になるとギリギリになるので、独学よりもスクールや通信講座などを活用して、効率良く学ぶことがポイントです。

宅建の合格率は15~17%と高くはありませんが、勉強時間をしっかり確保し、計画的に取り組めば取得も夢ではありません。就職や暮らしに役立つので、取得に向けて積極的に動きましょう。

【2019年2月版】宅建講座ランキング

宅建の合格を狙うあなたにおすすめの通信講座TOP3をご紹介!

【第1位】フォーサイト

宅建のことなら、資格取得の学校としてトップクラスの実績を誇る「フォーサイト」にお任せ。2017年の合格率は、なんと66.27%!気になる方は、無料のサンプル教材でお試しください。

【第2位】ユーキャン

生涯学習として有名な通信講座「ユーキャン」。ユーキャンの宅建講座は「約7割正解すればほぼ合格」だけに焦点を絞って、最小限の勉強時間で確実に合格するよう設計されています。

【第3位】通勤講座

長時間の電車通勤をしているあなたにおすすめなのが「通勤講座」。スマホ・タブレットでしっかり合格のノウハウを学べるため、無駄な通勤時間を有意義に変えられますよ。

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.