就職や私生活で役立つおすすめ資格の情報サイト

2019年2月更新

アパレル業界で働く人が持っておくと有利な資格の一覧

更新日:

アパレル業界で有利な資格

仕事の幅を広げるための資格

就職先によっては、取得をしておくと仕事の幅が広がる資格があります。

すべてのアパレル販売員に必要な資格ではありませんので、ご自身の目指す方向性を見極めて、資格の必要性を考えましょう。

TOEIC

日本だけではなく、世界90カ国で実施されている英語の能力テスト。企業がもっとも評価する資格の1つです。

海外生産によるファストファッションが増えたり、外資系の企業が参入しているアパレル業界でも注目を集めている資格です。

TOEICの最高得点は990点であり、ハイスコアを取るほど英語のコミュニケーションに優れていると評価されます。大学生の平均得点が400~500点なので、600点を目指しましょう。

試験はリスニングが中心。ハイスコアを取れば、外国人のお客様の対応ができることもアピールできます。

保育士

子ども服を専門に取り扱っていたり、一部の売り場で子ども服を取り扱うアパレルショップでは、保育士の資格が有利です。

保育士の資格を取得すると、子どもとの適切な接し方や、子どもの成長にあわせたファッションの提案ができるようになります。

また、どの保育所も保育士が不足しているので、資格を所有していると仕事にも困りません。アパレル業界を引退した後に、保育業界にスムーズに就職をする武器としても使えます。

保育士の資格の合格率は10~20%台の難関試験ですが、通信講座を利用して取得をする人も多いようです。

ジュエリーコーディネーター

ジュエリーコーディネーターは、宝石の専門店で働く人に求められる資格。

ファッションにおいて重要な役割を持つジュエリーについて、豊富な商品知識や専門知識について学べます。

ジュエリーコーディネーターにも階級がありますが、アパレルの販売員であれば3級で十分。

ジュエリーの市場、販売やコーディネートに関する知識が身に付き、お客様に的確に説明ができます。

ジュエリーに深く関わっているアパレルショップで勤めている人や、宝石に興味がある女性は、取得をすると仕事の幅が広がるでしょう。

まとめ

よりアパレル業界に特化した「ファッションビジネス能力検定」や「ファッションん販売能力検定」などもありますが、「販売士検定」や「色彩検定」の2つは必携。アパレル業界に限らず、幅広い業界と分野で通用します。

また、簿記やMOSなど、ビジネスで基本となる資格も役に立ちます。

外資系のアパレル企業で働くなら、TOEICでハイスコアを取得しておきましょう。会社から評価の高い資格です。

おすすめ資格ランキング
【2019年2月版】

医療事務

おすすめ資格1位

病院などの受付として働くときに有利な資格が「医療事務」。
病院は好不況に関わらず常に忙しいため、医療事務の求人は耐えることがありません。
安定した就職先を考えている女性に特に人気です。

\最短4カ月で修了/

調剤薬局事務

おすすめ資格2位

調剤薬局で働く「調剤薬局事務」。
医療事務は入院・手術・処置など、学習範囲が多岐に渡りますが、調剤薬局事務は薬剤のみ。学習範囲が狭く、それほど難易度が高くないため、初めての方にもおすすめ。

\最短2カ月で修了/

食育メニュープランナー養成講座

おすすめ資格3位

栄養バランスを考えた食生活や、食の安全についてきちんと学べる「食育メニュープランナー養成講座」。
学習範囲のレポート提出をすれば資格取得となるため、「何か資格を取りたい」「新しいことにチャレンジしたい!」といった方におすすめ。

Copyright© おすすめの資格ガイド , 2019 All Rights Reserved.